« ドキドキさせるのは今年の仕様です! | トップページ | 代表のゲームをTVで見る »

2010/05/23

vs Verdy 感想戦

 2週間前のAvispa戦から3人が入れ替わり,うち2人は今季初スタメンとなったVerdy戦。勝利の要因となったのは指揮官が早い時間帯で送りだした,一人の若武者の投入だった。

 前半はVerdyの攻撃陣が高い位置からボールホルダーにプレスを仕掛けてきて,JEFとしてもやりづらそうだった。特に中盤の3人はバランスが悪く,カウンターの場面でも中央に入るまで時間がかかっていた。ネットが右サイドから強烈なミドルを放つシーンがあったが,あれは中央に誰も入ってきていなかったための苦肉の策だろう。それでも和田が左サイドをオーバーラップしてシュートを放つなど,効果的なシーンも若干見受けられた。

 失点シーンは防ぎようがないだろう。あれは打った高木を褒めるしかない。Verdyも財政は苦しいようだが,自前で育てたタレントがいる。前座で行われたU-13のゲームでも足技のレベルは段違いだった。やはりこういうチームを簡単になくしてはいけないと思う。

 さて,前半終了後,ピッチ上のウォーミングアップでは青木孝太の準備が急ピッチで進められていた。後半の早いうちに投入されるだろうと見込んでいたが,その交代がネットとであったことに驚かされた。申し訳ないがその時は『江尻,とち狂ったか!』とさえ思ってしまったほどだ。

 ところがその思いがド素人の戯言だったことにすぐに気づかされる。それまでネットがあまり勝てていなかったポストとしての動きが,孝太は何度も相手DFに勝てていた。このボールが拾えるようになり,さらにVerdyの足が止まってきたのも手伝って,中盤でボールが持てるようになると怒涛の攻撃を展開。それまで積極性を欠いていたように見えた工藤もシュートを打てるようになり,アンカーとして起用された山口も攻撃に参加できるようになった。

 そして同点弾はその山口から生まれた。工藤からのクロスを孝太が相手とのヘッドで競り勝ち,そのボールをゴールに向かって走っていた山口がボレーシュート!これがサイドネットに突き刺さった。そして残り5分で左サイドでボールを持った工藤がロングボールを送ると,これが相手DFの間をすり抜け,そこに走りこんでいた孝太がGKと1対1となりシュート!この逆転弾にフクアリの雰囲気も最高潮に達した。このとき奇しくもフクアリに流れていたのは青木孝太のチャント。何かやってくれる雰囲気を身につけつつある男が見事なタイミングで決めたゴールであった。

 その後はロスタイムに危険な時間帯があったが,巻を投入(ある意味,贅沢な使い方である)して守りきり,そのままタイムアップ。この日勝利していたReysol,Ventforetを追い越すことはできなかったが,そこに食らいつくための勝ち点3を手にした。

 勝ち方は劇的だったが,内容としては満足できるものではないだろう。ただ,今季初スタメンの良太,和田がそれぞれ流れの中で得点を許さなかったという結果を得た。また,山口はこれまでのアンカー一点張りから攻撃にも絡めるというステップアップした姿を見せた。そして孝太。今回のようなプレーをこれからも見せてくれれば,スタメンとして出てくることもそう遠くないかもしれない。JEFの王子様が王様になる瞬間がいつになるのか,待ちきれない。

|

« ドキドキさせるのは今年の仕様です! | トップページ | 代表のゲームをTVで見る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27883/48441314

この記事へのトラックバック一覧です: vs Verdy 感想戦:

« ドキドキさせるのは今年の仕様です! | トップページ | 代表のゲームをTVで見る »