« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010/06/30

南アフリカの旅は終わっても日本のサッカーは続く

 120分フルに戦いぬいて決着つかず,勝負は非情なPK戦。ここまできたら運を天に任すほかない。結果,『君たちが次のステージに行くにはまだ早い』とサッカーの神様に告げられたと思うしかないだろう。

 まあ,振り返れば大会前まで,グループリーグでの一勝すら難しいのでは,と思われていた日本代表である。いい夢を見させてもらえたと思えばいろいろ希望がわいてくるってもんですよ。

 もちろん,なぜベスト8に進むことが出来なかったのか,という今大会の総括は必要だと思います。前回,『あっ,言っちゃったね』の一言ですべてが有耶無耶になったことは忘れておりませんよ。強化委員長の原さんにはそこのところをきっちりとお願いしたいところであります。

 さあ,一段落ついたことですし,7月中旬には再開されるJリーグをさらに盛り上げていかないと。オシムさんだって長谷部だってそこを強調してくれているわけですからね。日本のサッカーをさらに知りたいと思った方はお近くのスタジアムでJリーグを観戦していただけるとありがたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/29

さあ,決戦ですよ!

 このエントリーから約一時間後にKICKOFFとなります。先ほどスタメン発表されまして,これまでと同じメンバー。いよいよ決戦です!

 今日は自宅観戦ですが,久しぶりに02年のユニを引っ張り出して応援します。さあ行くぞ!未知の世界へ!

 JEFのキャンプはこれまた公式を確認願います。って,米倉が見えないんですが…?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/28

今日と明日だけ青くなります!

 いつもは黄×緑でお送りしております当blogですが,日本代表が決勝トーナメントに臨むにあたり,その後押しをすべく,今日と明日だけですが青×白にさせていただきます!もちろん,勝ったら継続します!

 JEFの(エ)ジリーズブートキャンプについては公式をご確認ください(AM)(PM)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/06/27

おお,久しぶりではないですか!

 J's GOALでREDSのオーストリアキャンプがレポートされておりますが,その中であのマリオ・ハースの姿が確認されました。まだ現役でいることにまずは嬉しさを感じます。やっぱりスター選手らしく,子どもたちに囲まれている姿が捉えられておりますが,まだあの動きは健在なのでしょうか。

 とりあえず,ヘアスタイルもそんなに変わってなくてとりあえず一安心(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/25

深夜の国民的行事,ミッション完遂!

 このゲームのために焼肉屋で前祝して早めに就寝,3時半からスカパーで観戦してましたが,えらく久しぶりに日本代表のゲームでいいもん見せてもらったわぁ,という感じです。岡田さん,期待してなくて本当にゴメンなさいorz。でも,『未来のために日本代表,負けろ』なんてことは露に思っていなかったので,素直に喜ばさせていただきますwww。

 いや,でもこれでサッカーに興味を持ってくれた方には7月中旬からJリーグも再開されますから,お近くにあるスタジアムへぜひとも足を運んでいただきたいものですよ。日本サッカーの未来のためにも,ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/22

工藤,お前もガツンといってやれ!

 エルゴラのweb版に水野の復帰に対するJEFの選手の反応が取り上げられておりました。まあ,当然みんなびっくりしているようですが…。

 しかし,工藤よ。『勇人あたりがガツンと行く』とか言ってないで,お前もガツンと行ってやれと!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/20

これから『JEFのコーキ』と言えば米倉恒貴になりました

 『CERTICで一回り大きくなって帰ってくる』と言って2年前にJEFを飛び出した若者が夢破れて千葉に帰ってきました。ただし,帰ってきたのは千葉県は千葉県でも柏市方面。どうやら彼のGPSは何かが狂っていたようです。

 とはいうものの,真面目な話,今のJEFにはA契約が現在25人(今年途中から変更となった鎌田除く)であり,仮に即戦力を加えようとすると現時点で在籍しているA契約の選手の誰かを放出しなければなりません。つまり,空きがないのです(同様に新たな外国籍選手も入れられないわけです)。

 水野もまずはJEFに帰ってくる算段はしていたようですが,チームとしては現時点でサイドアタッカーの人員に困っておらず,A契約の問題もあり,積極的に行けなかったというのがチームとしての本心でしょう(シーズン途中での補強を考えずに全ての枠を埋めてしまったのはチームとして別に問題)。

 ただ,こちらとしては本人の成長のために送り出したのに,成功とは言い難い結果で日本に戻ってきて,なおかつその移籍先がJ2でしのぎを削っているお隣さんとあればいくばくかのわだかまりが生まれるのは当然です。7月末の日立台は絶対に負けられなくなりました。

 というわけで,タイトルにもあるとおり,これから『JEFのコーキ』と言えば米倉恒貴になります。もちろん,彼だけでなく,現在JEFのユニフォームに袖を通す選手すべてを支えていきたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/06/19

阿蘭陀相手に善戦。次が勝負だ!

 昨日はサポ仲間同士の結婚式二次会に出席。二人の幸せを祝福した後にその会場で日本vs阿蘭陀を参加者たちと観戦。昨年9月,一方的にやられた阿蘭陀相手に善戦したものの,一瞬だけスナイデルをフリーにしたことで失点。それでも一点を取りに攻め続け,ロスタイムには岡崎がいい形でシュートを放つも枠の外。結局0-1で通算に1勝1敗となってしまった。ただ,同日行われたデンマークvsカメルーンが2-1となったため,得失点差で上回る日本は24日のデンマーク戦に引き分け以上なら2位となる。

 戦前は苦戦が予想されていたが,ここまできたら予選突破と行きたいものだ。日本国内もだいぶ盛り上がってきているようであるし(一部の暴徒予備軍には頭に来るけど),その流れに乗ってもらいたいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/18

キャンプでさっそくTG

 6日間で4試合のハードなキャンプが始まりまして,さっそく本日分のレポが公式(AM)(PM)に来ております。

 チームとしての底上げだけでなく,俺たちはこれだけやったんだ!という自信もつけてもらいたいですね。そのためにも今日の勝利は幸先いいんじゃないかと思います。補強も大事ですが,底上げもそれ以上に大事なことだと思います。

 というわけで,例の件については正式に決まってから書きますね。感情的な部分よりもチーム構成を考えないといけないところもあると思いますので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/17

怪我せずに実りあるキャンプを!

 世界がWORLD CUPで寝不足のさなか,うちのチームはこれまで出番が少なかったメンバー中心で韓国に旅立ちました。組まれているTGが4試合だそうでなかなかハードなようです。

 2週間後には館山でのキャンプもあります。怪我なく,そして4試合全勝するつもりで戦ってきてほしいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/15

vs Ventforet 感想戦

 突き放されて追いついたVentforet戦。このゲームのキーポイントはサイドに張っていた倉田をセンターにポジションチェンジしたことに尽きるだろう。彼はやっぱり真ん中でボールを持つとゴールを必ず意識する。サッカーは相手のゴールにボールを入れることで勝負がつくスポーツなのだから,倉田だけでなく,すべての選手がゴールを意識してほしい。

 さて,2つ前のエントリーで『米倉がかつてJEFにいたある選手に雰囲気がかぶって見える』と書いた。はまった時は手がつけられないほどのパフォーマンスをするのに,ダメなときはまったくダメ,要はその日,使ってみないとわからない,という選手・・・。ここまで書けば古参のJEFサポの皆さんにはわかるだろう。そう,あの『良いムトウ,悪いムトウ』の武藤真一である。

 武藤という選手も好不調の波が激しく,その日のゲームで活躍したかと思えば,次のゲームではまったくダメ,と言うパターンが多かった。『良いムトウ,悪いムトウ』はその頃のゴール裏からピッチを見ていたサポーターの心情を表したものと言って差し支えないだろう。今の米倉にはこの雰囲気をものすごく個人的に感じるわけだ。

 何せ先発した5試合で4得点。効率がいいと言ってしまえばそれまでだが,その得点はいずれもその起用がはまったTHESPA戦とEHIME FC戦での得点。結果出したから次も使ってみたらVOLTIS戦,Ventforet戦といずれも低パフォーマンス。若さもあるんだろうが,『使ってみないとわからない』では常時のゲーム出場もままならない。

 彼には高校時代から注目してきた。だからこそ,要求するところも高い。江尻監督は『羽生になれ』と言っているようだが,彼に羽生にない体躯がある。そこに羽生の動きが加わればたぶん,4年後のブラジルのピッチに立てるだろう。そうなってくれることを期待したい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

守備的だろうとなんだろうと短期決戦は勝てばいい

 それが一年を通して戦うリーグ戦との違い。同じリーグ戦でもこっちは3試合しかチャンスがない。そのチャンスをものにした今日の日本代表は素晴らしかった。

 ゴールを決めた本田も,その本田に最高のクロスを入れた松井も素晴らしかったが,今日の俺的MOMは阿部。『水を運ぶ選手』ってのは彼のような選手を言うのですよ。4年前はこれがなかった…。

 次のオランダ戦は今日よりも難しい戦いになると思います。でもまあ,勝ったからこそ兜の緒が締められるってもんですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/13

ワンワンダービーは痛み分け

 D1000973

 中断前の大一番となったVentforet戦は先に2点先行されるも,倉田と良太のゴールで追いつき,結果は2-2のドロー。ディフェンスのミスからの失点はいただけないが,相手の運動量が落ちた後半に追いついたことは評価したい。もっとも畳みかけるチャンスは充分にあったのでそこで決め切れなかったのは反省材料だが…。まあ,中断前に負けて終わるよりはいいだろう。

 続きは感想戦で。個人的には米倉がかつてJEFにいたあの選手と雰囲気が被って見えつつあるわけだが…。

 D1000972

 この日はJEFFYとUNITYがたぶん史上初となる遠征を果たした記念すべき一日でもありました。ハーフタイムには普段はヴァンくんが乗っているであろう場所にJEFFYが鎮座するという場面も。それにしてもヴァンくんはちょっとネタが古いけど,芸達者だ。試合終了後の振る舞いはうちの2匹も見習ってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/11

明日のVentforet戦!@小瀬

JEF UNITED市原・千葉 (J2リーグ第17節 vs Ventforet 予想フォーメーション)
  18.巻  
14.倉田 24.太田
  22.米倉  
7.佐藤勇 10.工藤
3.アレックス 13.和田
31.青木良 15.福元
  17.櫛野  

 誰もがわかっているであろう中断前の最大の山場,Ventforet戦が明日行われる。世間はWORLD CUP一色であるが,JEFにかかわるすべての人がこの一戦に集中しているはずだ。

 スタメンは前節と同じとしてみたが,巻とネットがもしかしたら入れ替わるかもしれない。また,小瀬での一戦といえば忘れちゃいけない青木孝太。相性から言っても,出番は必ずあるはずだ。

 このゲームに勝てば勝ち点で並ぶが,JEFのほうが得失点差で勝っているため,2位に浮上することになる。この時点での順位はまだ騒ぐレベルではないが,4位との差はできるだけ広げていたほうがいいだろう。ジンクス的には16時KICKOFFであり,期待はできるはずだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/10

持っていくお土産の中身が気になります

 ヴァンくんとフォーレちゃんからの招待状が,ユニティのもとに届いたと公式HPで紹介されました。あの二匹が応援号からどうやって小瀬に行くのか,楽しみではありますが。

 それにしてもユニティが持っているお土産とやらの紙袋,見たことないんですが,どこのだろう…?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/09

いいところはどんどん取り入れよう!

 先週のEHIME FC戦ではチームとして初めて,相手チームのキャラクターをフクアリに招き入れるということを行ったばかりですが,今度は何とVentforetのヴァンくんからご招待を受けてしまいました!以前からキャラクターが犬同士なので『一緒になんかやればいいのに…』とは思ってましたが,ついに実現しますか…。しかもコラボグッズまで発売とは…!

 こともあろうか,中断前の最大の山場にこんなホンワカした企画を…と思いがちですが,一平くんで免疫をつけた我々なら切り換えは可能でしょう。こういうのを楽しまないと損ですよ。

 しかし,うちのスタッフもJ2の楽しみ方がわかってきたのでしょうか。もちろん,どっぷりハマられても困るんですがね。でも,いいところはどんどん取り入れるという姿勢,嫌いじゃありませんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/08

40年の重み

 D1000971

 日曜日のフクアリでオフィシャルカメラマンである今井恭司さんの本を購入しました。忙しいのでまだ写真の部分だけしか追えてませんが,40年間の日本サッカーの歴史がここに詰まってます。斉藤和夫コーチの現役時や日本代表『候補』だった江尻監督も載ってます。

 そういえばいつぞやのサポコミで今井さんの写真教室やりたいって社長が言ってたなぁ…。中断期間がチャンスかと思ったら,今井さん南アフリカ行っちゃうんですよねぇ…。私も写真撮るの好きなんで,実現してほしいなぁ,と思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/07

vs EHIME FC 感想戦

 前節のHOLLYHOCK戦から孝太,鎌田を外し,アレックスを左SB,和田を右SBに配置,勇人と工藤のダブルボランチでTOP下にはひさびさの米倉,さらに3TOPの右に太田,センターにはこれまたひさびさの巻を配置して臨んだEHIME FC戦。ここまで堅守を誇る相手に1点勝負を覚悟して臨んだものの,蓋を開けてみれば3-0で勝利。後半がスコアレスだったために圧勝とは言えないが,積極的な姿勢が勝利を呼び込んだと言っても過言ではないだろう。

 江尻監督は試合後,『勝つために少しスタイルを変えた』とコメントしていた。巻と米倉による激しいプレスがそれにあたるのだろう。そしてボールを奪ってから相手の裏をついての速攻。前半はそれがうまくはまった。ただ,後半は相手がシステムと人を変えたことに対して充分な対応が出来ていなかった。相手の拙攻に助けられた感もあるが,やはりまだ『臨機応変』が出来ていない証左か。その面は監督の采配と言うよりもピッチに立っている選手の意識だと思うが,そう簡単に変わるものでもなく,練習や経験で培っていくしかない。

 ラッキーだったとはいえ,幸先良く先制パンチを見舞った倉田,いい時間帯で追加点を流れの中で決めた米倉はもちろん,90分間足を止めなかった巻には敬意を表したい。試合終了のホイッスルが鳴った途端,その場に座り込みしばらく立てなかった姿には正直,心を動かされた。ただ,この日も残念ながら無得点。後半に裏に抜けてGKと1対1になった場面があったが,肝心のシュートが枠をとらえきれなかった。やはり焦りがあったのだろうか。一本決まれば楽になると思うのだが…。

 次の試合には累積警告で出場停止だったネットも復帰するだろう。孝太も深井も谷澤も途中出場でアピールしていた。次は中断前最大の山場,Ventforet戦。個人的には小瀬にもっとも相性のいい孝太に期待したい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/06/06

軒先貸して母屋を取られるたぁ,このことだ

 D1000968

 『愛』にちなんだイベントが目白押しで,まさにお祭りムードのままゲーム開始となったEHIME FC戦。終わってみれば前半だけで倉田,米倉の『クラクラコンビ』で3点挙げ,こちらもすでにお祭りムード。後半は途中投入されたジョジマールに相当手を焼いたが,そのまま無失点で快勝!欲を言えば巻を中心に一点でも多く取りたかったところだが,前節の負けを教訓にして終始攻めまくっていたので,まあいいだろう。今日浮き出た課題を修正して,次につなげてくれたらそれでいい。

 しかし,一平くんの圧倒的な存在感は一体何なんだ?ゲームには勝ったが,軒先貸して母屋を取られた気分だ。

 内容など,続きは感想戦で。

続きを読む "軒先貸して母屋を取られるたぁ,このことだ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/05

明日のEHIME FC戦!@フクアリ

JEF UNITED市原・千葉 (J2リーグ第16節 vs EHIME FC 予想フォーメーション)
  18.巻  
14.倉田 24.太田
  22.米倉  
7.佐藤勇 10.工藤
3.アレックス 13.和田
31.青木良 15.福元
  17.櫛野  

 先週の無様な負けから一週間。ホームであるフクアリに戻って仕切りなおしとなるEHIME FC戦である。中断まで残り2試合。次も含めて負けていられない一戦だ。

 週の半ばに行われたTGはこれまでと違うフォーメーションで構成されていたようである。4-3-3ではあるが,アンカーではなく2ボランチ,そして3TOPのセンターには巻を配置していたようだが,果たして本番ではどうなるか。ケータイサイトには巻のほかに太田のコメントもあった。巻が出るのなら,正確なクロスを持つクロッサーが必要だ。

 明日は相手のEHIME FCも自分たちのマスコットだけでなく,肉離れで一躍有名になってしまった彼も駆けつけるという。他にもいろいろあってちょっとお祭り気分に浸ってしまいそうだが,そこはそれで楽しんで,16時には切り替えたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/04

ミリガン近況

 Yahoo!とスポナビのコラボサイトにミリガンの写真がUPされておりました。とは言ってもプレー中の写真ではなく,写真撮影時のオフショット。

 タイトルは…,まあ,これが現実ですよってことで(^^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/02

我らがミルジー,最終メンバー入り決定!

 ミリガン選手のオーストラリア代表最終メンバー入りが決定しました。

 前日の親善試合はメンバーにも入っていないという話だったのでひょっとしたら…と思っていましたが,23人のリストには入ったとのことです。これで日本代表だけでなく,JEFを応援する者としてもう1チーム,応援すべきチームができました。後は本番まで怪我せずに調整できればいいんじゃないかと思います。

 さて,ようやく一つの懸案もクリアしたことですし,あとはもう一つの黄色いチームだな(^^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »