« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010/08/31

Birth Day CARDがやってきた!

 D1001013

 私のはヤザーさんでございました。FAGIANO戦のシュートは惜しかったなぁ~。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/08/30

vs FAGIANO 感想戦【J特】

 幸先良く先制点を奪ったFAGIANO戦。このゲームはこの先制点がモノをいったと思っている。計算外だった茶野の負傷退場により攻守のバランスが悪くなってしまったことで,ゲームに対して不安感が漂ったものの,先制していたことでチームに焦りの色はなかったように見えた。今のJEFにとって,この先制点というのは非常に大事なものである。

 ちなみにこの先制点は左から右にボールを動かして,最後は太田が上げた低くて速いクロスを工藤がボレーで決めた,見事なゴラッソ。太田はこの後も得点にはならなかったが,良質のクロスを上げていた。なかなか先発チャンスの無い彼だが,このゲームで十分にアピールできたのではないだろうか。

 アピールできたといえば,3月の開幕戦以来の出場となった村井である。左サイドに流れたネットからのクロスをペナルティエリア手前で受けながら,ボールをゴールに向け,左足を小さく振り抜いた,いわばコントロールショット。臨海時代を知るサポーターなら,彼にはいろいろな思いがあっただろうが,このシュートで見事に吹き飛ばしてしまった。試合後の『俺たちJEF!』には感動を通り越して笑わせてもらったが,これも彼のキャラクターのなせる業か。林も5分ほどの出場であるが,右からのクロスにスコーピオンキックをかまそうとするなど,あの頃と変わらないボエムっぷりを披露。彼にはもっと時間を与えてほしいと思う。

 それにしてもようやく今年の『出戻り4(フォー)』がフクアリのピッチに勢ぞろいするかと思ったが,茶野が負傷退場してしまったために今回もお預け。その茶野の怪我が心配である。今週の天皇杯はともかく,来週のAvispa戦,再来週のReysol戦に何とか間に合ってほしいものだが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/29

有事に強い坂本將貴

 D1001011

 眼下の敵を倒す,と誰もが意識して臨んだFAGIANO戦は4-0で勝利!前半途中で負傷により退いた茶野には誰もが不安を感じたはずだ。確かにそれは一時現実のものとなったが,何とか耐えしのぎ,後半にチームとして修正を行った結果,ネット,村井,勇人と点を重ねて大勝となった。

 それにつけてもこのゲームで坂本の重要性を改めて感じた。彼のようにどこでもできる選手がいるからこそ,控えのメンバーに攻撃的な選手を配置することができる。試合終了後に歓喜の輪に入らず,そそくさと戻ってしまったのは気になるが(ドーピングチェックの対象?),有事には頼りになる我らが隊長である。

 詳細は明日の感想戦で。

続きを読む "有事に強い坂本將貴"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/08/28

今日のFAGIANO戦!@フクアリ

JEF UNITED市原・千葉 (J2リーグ第24節 vs FAGIANO 予想フォーメーション)
  20.ネット  
3.アレックス 16.谷澤
7.佐藤勇 10.工藤
  6.山口  
2.坂本 13.和田
31.青木良 33.茶野
  17.櫛野  

 明らかなコンディション調整の失敗で負けてしまったFC GIFU戦から一週間。新たな気持ちで立ち向かわなくてはならないFAGIANO戦である。前回の逆転負けのリベンジも含めて,もはや負けられない戦いである。

 前節での福元退場による出場停止,そしてどうやら怪我してオーストラリアに帰国しているミリガンの穴を埋めるのはだれか,というところがポイントになるかと思うが,これまでの流れなら良太になるだろう。そうなると今度は右サイドがポイントになるが,ここは怪我明けから出番がなかった和田の起用を期待したい。右が和田になると左にアレックスは危険なので,そこに坂本を入れ,アレックスは3TOPの一角でプレーしてほしい。

 すでに5敗を喫しているわがチーム。これからは昇格のライバルとなるチームの結果がどうこうではなく,眼下の敵から勝利することに集中すべき時期に来ていると思う。まずはFAGIANOから勝ち点3をきっちり奪おう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/26

JEFさんからお手紙ついた

 Img

 残りホームゲーム6試合の日程が入ったポストカードが届きました。ホームゲームは今週末のFAGIANO戦を含めて残り7試合です。いろいろと厳しい戦いは続きますが,最後はこういう笑顔で終わりたいものですね。

 そのためには文面どおり,最後まで走りきってもらわないと!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010/08/23

vs FC GIFU 感想戦

 このゲームの内容について,特に触れることはありません。なぜなら,誰もが見てもわかるとおり,いつもの負けパターンだからです。ただ,試合後の江尻監督と青木良太のコメントに差異を感じたので,今日はそれを取り上げたいと思います。

 以下は前半途中でサイドバックが上がらなくなったことを質問されたことに関する江尻監督のコメント

Q:前半の途中からサイドバックが上がらなくなって岐阜のラインが押し上げてきたように見えるが。
「いや、もう本当にそれを続けるだけだったと僕は思っています。なぜ上がれなくなったのか、そこは突き詰めていかないといけない作業だと思うんですけど。 特に右サイドの青木良太が、もっと僕の計算では90分通して高い位置を取ってくれると思っていたのですが、そこがいけなかったというのが、90分間通して 自分たちのゲーム運びができなかった大きな要因だと思います」

 そして,試合終了後における青木良太のコメント

●青木良太選手(千葉)
「今日は自分たちのリズムを長い時間作れなかった。最後の精度については練習でやっていくしかない。ボールをボランチとセンターバックで回せれば、アレックスと僕は前と絡んでどんどん攻撃的にできる。そんな攻撃的なサイドを目指したい。
試合前からサポーターが出迎えてくれて、応援してくれていたのに期待に応えることができず申し訳ない。次のホームは絶対勝ってみんなで喜び合いたい」

 江尻監督は『90分高い位置をとってくれると思っていた』と語り,良太は『ボールをボランチとセンターバックで回せればどんどん攻撃的にできる』と語っています。

 昨日のゲーム,私の目には一点目をとられた後からボランチがボールを保持して前を向く状態がほとんどなかったように見えました。ボランチがボールを持って前を向けないとサイドバックはなかなか上がれない,というのは以前から私が書いていることです。サイドバックが90分間,高い位置をとるならボールを保持するボランチが安定していないと,サイドバックは自分の裏を取られないようにすることを優先するはずです。

 良太のサイドバックは以前から上がりが少ないことは相当に指摘され続けてきましたが,中盤でボールを保持できれば彼も輝きます。Trinita戦がいい例でしょう。彼は決して能力が低い選手ではないと思っています。

 ではなぜ江尻監督はあの質問に対してあのように答えたのか。正直,ちょっと理解ができません。中盤でボールポゼッションできてたと判断していたのでしょうか。もちろん,彼はプロであり,私はただの一サポーターにしか過ぎませんが,彼の眼にはどのように見えていたのか,非常に謎です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/22

早い時間に一点取られたのは百歩譲るとして

 とたんに落ち着かなくなって,バタバタしだすのはなんなのかねぇ。リズムが違うんだったら,中盤で落ち着かせたりするのがMFの仕事だろうに。とても自分たちで考えてサッカーやってるとは思えない。完全なる自滅パターン。今年これでいったい何度目ですか?尻に火がついてるというレベルじゃないんですよ。

 もはやチームとしても成長を感じられない。そんなレベル。このままじゃ仮に来年,J1に復帰してもエレベータークラブに成り下がる。かと言って一年で復帰できないと観客動員やらフクアリのネーミングライツやらに影響がでそうだし・・・。補強もできない今,ピッチに立つ選手や彼らを選ぶ監督が覚悟を持ってやってくれないと非常にまずいんですがねぇ・・・。

 なまじホームで勝ててしまうのがいかんのかなぁ…。かと言ってホームでの勝利は絶対だし・・・。いろいろ悩ましいもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/21

明日のFC GIFU戦!@長良川球技メドウ

JEF UNITED市原・千葉 (J2リーグ第23節 vs FC GIFU 予想フォーメーション)
  20.ネット  
14.倉田 10.工藤
  16.谷澤  
7.佐藤勇 6.山口
3.アレックス 31.青木良
15.福元 33.茶野
  17.櫛野  

 内容よりも結果をとったと評されたROASSO戦。内容はもちろんだが,そろそろ結果にもこだわっていきたい。そして次はここ一週間で外気温が急上昇し始めている岐阜でのFC GIFU戦。夜のゲームといえども消耗戦は必至。ギアを入れるタイミングの見極めが大事になってくるだろう。

 スタメンは倉田を左に戻した以外は同じにした。ミリガンと福元が入れ替わるかもしれないし,木曜日の練習試合では一本目の左サイドに倉田ではなく,村井が入ったという情報もあった。工藤のポジションを含めてなかなか読めない部分が多い。

 今日行われたゲームでReysolとVentforetが引き分け,Avispaが勝利した。上との差を詰めることはもちろん,下との差を現状維持とするためにも明日は絶対に勝たなければならない。個人的には天皇杯での借りは3月のフクアリで熨斗つけて返したと思っているので,明日は目の前の敵,そしてAWAYの環境に勝つ!という勢いで臨みたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/19

長良川球技メドウはなかなか厳しいスタジアムのようで

 今週末に長良川球技メドウで行われるFC GIFU戦ですが,なかなか厳しいお達しが出ているようです。特筆すべきは『鳴り物を使用しての応援禁止』。メドウ付近は住宅地になっているようでして,その配慮がなされているようです。

 まあ,太鼓ないほうがチャントのリズムも早くならなくてちょうどいいんじゃないですかね(爆)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/18

JEFの財務諸表は詳しく見てみたい

 2009年度のクラブ別経営情報が開示されました。

 以前からこの件については詳しく語りたいと思っていたものの,開示されている情報だけではわからない部分が多く,これまでもさらっと触れるだけでありました。

 昨年と比較しても営業収入だけで約11億のマイナスなわけですが,その中身を見ても『その他』が約9億を占めています。この『その他』がなんなのかわからないと詳しく語れないと思います。

 そういう意味でもJEFの財務諸表は詳しく見てみたいんですがねぇ…。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010/08/17

福岡博多はLadiesとTOPで2ゲーム!ですが…

 9月11日に行われる予定だったLadiesの福岡アンクラスとのゲームが日程変更となり,TOPのゲームが行われる9月12日の12時半からレベスタで行われることになりました。

 実はLadies掛け持ちの仲間も『福岡は2日で2試合連チャンだから楽しみ!』と以前から言っていたのですが,この日程変更により旅程の変更も余儀なくされる方もいるようです。

 まあ,一日でJEFのゲームが2試合見られるのであれば,それに越したことはないですが,やるのであればもうちょっと早めに決めたほうが良かったんじゃないかな,と思ってしまいました。まあ,主管は相手側なんですけどね…。

 ちなみにこのゲーム,その日のAvispa戦の観戦チケットがあれば入場可能だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/16

vs ROASSO 感想戦

 開幕戦でJEFにJ2の厳しい洗礼を浴びせたROASSOとの一戦。戦う相手の嫌なところを突いてくることで勝ち点を重ねてきた高木監督は,Consadoleが試みて成功した前半のコートを逆にするという手も遠慮なく使ってきた。それに対して江尻監督が見せたのは相手の裏の裏をかく布陣だった。

 この日のJEFの中盤は山口,勇人,工藤で,前には谷澤,ネット,深井がいた。これなら誰もがこれまで行ってきた山口をアンカーに据えた4-3-3と思うだろう。ところがふたを開けてみたら山口と勇人のダブルボランチで1.5列目に工藤,谷澤,深井と並べ,1TOPにネットという布陣だった。

 この布陣だと面白いのは工藤の存在である。ボールを持ってさばける谷澤と工藤が並び立つことによって,相手に混乱が生じた。また,工藤が右サイドでボールを持ってタメを作ると,後ろから青木良太が面白いようにスルスルと上がってこられる。良太がこの試合で何度も良質のクロスを上げていたのは現場にいた方もテレビで見た方もご存じだろう。サイドバックは中盤でボールをタメてくれないと効率良く上がれないのだ。裏を返せば昨年までのJEFにはこのタメがなかった。クロスの練習を繰り返している良太の努力ももちろんだが,中盤の協力もないとサイドバックのオーバーラップも輝かない。この点でこのゲームにおける工藤の右サイド配置は成功したといえるだろう。

 さてこのゲーム,前半は内容が良かったものの,結果は無得点だった。その理由はもちろん左サイドに配置された深井だろう。ボールを持てる2人と違い,彼は縦への突破が武器。速攻を仕掛けるには有効だが,この日のようにボールを動かしているゲームにおいては彼の持ち味は拙速だった。特に前半早々のビッグチャンスに焦ってトラップミスしたのはその後の展開に尾を引いた。前半終了後に『深井を倉田にチェンジしたほうがいいのでは』と仲間と話していたが,江尻監督も同じ考えだったようだ。

 もちろん,深井には深井の良さがある。ただ,このゲームにおいてはいわゆる『彼の日』ではなかったということだ。倉田のコンディションもそれほど良いとは言い難く,彼の出番が減ることはないだろう。

 終始,ROASSOを圧倒した感のあるこのゲーム。結果だけ見れば『いただいた』PKとオウンゴールで流れからの得点はなかったわけだが,PKもオウンゴールもそれだけ相手を押し込んだという結果である。特に順位の近かったROASSOに勝ったのは大きい。日曜日に行われたVentforetとAvispaのゲームは引き分けに終わり,2位に若干近づき,4位を若干引き離した。厳しい戦いはこれからも続くが,最後に笑って終われるように頑張るだけだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/08/15

勝ちたい気持ちが見えたゲーム

 P1010165

 誰もが勝ちたいという気持ちで臨んだであろうROASSO戦は2-0で勝利!結果だけ見るといただいたようなPKと相手オウンゴールであるが,シュート数は17対7,CKも9対1で圧倒。ゴールにはつながらなかったが,引いた相手を崩してシュートにまで結び付ける場面も数多くあり,つまらない内容ではなかった。あとはここ最近見ていない流れの中からのゴールが生まれてくれば最高だろう。

 とりあえず,このゲームから勝ちたいという気持ちはこちらからも見て取れた。これが続けば上位に食らいつくだけでなく,下位チームを突き離すこともできるだろう。

 続きは感想戦で。深井にも勝ちたい気持ちが見えていたが,このゲームでは先走り過ぎていたのではないだろうか。そんなところも書いてみたい。

続きを読む "勝ちたい気持ちが見えたゲーム"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/08/12

明後日のROASSO戦!@フクアリ

JEF UNITED市原・千葉 (J2リーグ第22節 vs ROASSO 予想フォーメーション)
  20.ネット  
14.倉田 9.深井
  16.谷澤  
7.佐藤勇 10.工藤
3.アレックス 31.青木良
15.福元 33.茶野
  17.櫛野  

 負けられない戦いだったはずのSagan戦をドローで終えて一週間。今度はホームフクアリでROASSO戦である。これまで一試合少ないAvispaが勝ち点差3にまで詰めてきている現在,今のポジションを死守するというよりも,一刻も早く1位のReysol,2位のVentforetに追いつきたいところ。毎度おなじみのフレーズになってしまっているが,このゲームも絶対に勝たなきゃならない。

 前節イエロー2枚で退場となったミリガンの穴はTrinita戦同様に福元が埋めることになるだろう。ちょっと前まで見えつつあった迷いも今はだいぶ吹っ切れたようなので,期待したいところ。このままミリガンからレギュラーを奪うつもりで頑張ってほしい。

 攻撃陣はこれまでと一緒だろうと思うが,ここ最近の倉田のパフォーマンスが気になるところ。これまで,年間通じてプレーをしていないことが影響しつつあるのだろうか。彼もどんな形でもいいから一点取れればまた乗ってくると思われるのだが…。

 ともあれ,上との差を縮め,下との差を広げたいところ。当日券もあるものと思われるので,まだ迷われている方はぜひフクアリにお越しを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/09

vs Sagan 感想戦【J特】

 勝ち点3が欲しいところで引き分けてしまったこのゲーム。個人的に攻撃面はさほど心配していない。谷澤がセンターに入り,中央にボールを持てる選手がいるようになったことでボールの流れが以前よりも良くなったように見えた。このゲームでも何度か相手のブロックを崩してシュートにまで持ち込んだシーンは何度もあったし,後半のネットがポストに当てたシュートなどは,そこまでの過程が良かった。人それぞれ意見はあろうが,ゴールは運に左右されることもあるので,内容が良くても点が入らないときはこんなもんだろう。

 強いて言えば,ここ数戦,倉田のパフォーマンスが落ちているのが気になる。前半戦ではチームMVP級のパフォーマンスを見せていた彼だが,後半戦が始まってから輝く場面がない。当然,研究されてきていることもあるだろうし,彼自身が一年通じてプレーした経験も少ないだろう。ただ,これを乗り越えられないと今後の彼のサッカー人生にも影響してくる。今は我慢のしどころだ。

 それよりも今に始まったことではないが,守備陣に一抹の不安を今だに覚える。ここ最近,ディフェンスラインの裏にロングボールを入れられると『ヤバい!』と思えることが特に多くなった。ボールの追いかけ方が悪いのか,はたまた対応が一瞬遅くなるのかはわからないが,相手に先に触られてしまう場面が多い。もっとも,ほとんどの局面で最終的に競り勝てるケースが多いのは事実だが,一回でも競り負ければゴールを許してしまう危険性もある。相手が守備的な戦いをしてくればなおさらだ。

 勝ちたかったゲームではあったが,切り替えて次のROASSO戦に臨んでもらうほかない。ROASSOは後半戦に向けてかなりの補強をしてきた。順位や勝ち点差を考えても絶対に負けられない相手だ。たぶん,開幕戦と同様に自陣でブロックを敷いた戦いをしてくるだろう。そろそろ,この手の相手をぶち破ってほしい。もちろん,無失点で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/08

勝たなきゃいけないゲームだった

 20100808182441

 遠方の地,鳥栖で勝利を得ようと臨んだSaganとのゲームは1-1のドロー。2点目を取りきれなかったのが,結局最後まで響いた。ミリガンの退場が悪いほうに傾くかと思ったが,逆にカウンターが冴えていたので何とかなるかと思っていたが・・・。内容としては悪くなかったと思えただけに勝たなきゃいけないゲームだったと思う。

 それにしても,AWAYでなかなか勝てない。もちろん,相手の必死さもあろうが,昇格するためにはHOMEはもちろん,AWAYでの勝利も重要。取りこぼしは命取りだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/08/07

明日のSagan戦!@ベアスタ

JEF UNITED市原・千葉 (J2リーグ第21節 vs Sagan 予想フォーメーション)
  20.ネット  
14.倉田 9.深井
  16.谷澤  
7.佐藤勇 10.工藤
3.アレックス 31.青木良
5.ミリガン 33.茶野
  17.櫛野  

 チームとしてもサポーターとしても負けられないと思って戦ったTrinita戦は5-0で圧勝。巻の移籍問題もとりあえずは一段落し,Sagan戦を互いにフレッシュな気持ちで臨むことができるようになった。

 とはいえ,このSaganと次節対戦するROASSOは互いに5位,6位に位置する相手であり,勝利して勝ち点差をさらにつけることは重要なミッションである。夏場で厳しいコンディションではあるが,ぜひとも勝ち点3を千葉まで持ち帰りたい。

 予想スタメンは福元とミリガンを入れ替えただけだが,前節の結果だけ見れば福元も復調傾向。もしかしたらDFラインは前節と同じことも予想される。なお,木曜日のTGではアレックスが出場なしという情報もあった。この辺りがどう影響してくるか…。

 個人的には初めて訪れるベアスタ(電車の中から見たことはあるが…)が楽しみである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/08/04

後半の日程発表【J特】

 昨日は飲み過ぎて更新できませんでしたが,後半の日程が正式発表されました。宿泊予定だった博多の森が16時KICKOFFとなったので日帰りに変更。さっそく飛行機を押さえました。富山と札幌と愛媛は現地宿泊ですね。富山は行ったことがないので楽しみです。ここも空港から近いんですよね。あと,札幌はドームで確定。前回の開催時は行っていないので,これも楽しみです。

 しかし,34節以降のKICKOFF時間がいろいろと定まっていないのはスカパーのチャンネルの問題なんでしょうかね…。それと,ホームのReysol戦がチバテレビで放送予定です。JEFのホームゲームをチバテレビに中継していただけるのは何年ぶりでしょうか…。まあ,現場にいると思うので,視聴はしませんが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/02

vs Trinita 感想戦【J特】

 土曜日のエントリーで『注文つけることはあまりない』と表現したTrinita戦。勝敗を分けたカギは選手たちが自主的にフォーメーションを変えたことにあると思っている。

 このゲーム,前半から4-2-3-1のフォーメーションにゴール裏からも見えた。6月のEHIME FC戦で敷いた布陣と同じである。今回はネットの下に谷澤が入り,工藤と勇人のドイスボランチという形であった。こちらとしては単純にその形に戻しただけだと思っていた。

 しかし,江尻監督に言わせると勇人がアンカーの4-3-3でスタートさせたつもりだったらしい。まあ,これが真意かどうかは図りかねるが,もし本当であったとすればピッチに立った選手たちが臨機応変に対応した,ということになろう。これまで,実はこれが出来ていなかった。ピッチに立つ11人の選手を選択するのは監督の仕事だが,ピッチに立って行動を起こすのはその選ばれた選手たち。監督の指示を忠実に実行するのは当然のことだが,同時に考えて行動することも必要となってくる。

 もちろん,考え方がバラバラならチームもバラバラになってしまう。そこで一体感や協調性を高めるためにキャンプなどを行うわけだ。前の2試合はいろいろあったためか,その効果があまり表れていなかったが,ひと段落ついた今,ようやくその効果が表れ始めたのでないだろうか。

 猛暑の影響か,J2他チームの成績も今一つ伸び悩んでいる感がある。その間隙をぬっての5得点快勝。下を突き離し,上に少しでも近づく。遅ればせながら,その準備はようやく整ったように思う。夏に『考えながら走る』のは大変だが,最後にみんなで笑えるようになるためにとにかく頑張ってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/01

無事にロシアに向かって旅立ったことを確認【J特】

 D1000997

 成田で巻誠一郎の新たな旅立ちに立ち会ってきました。

 推定300人を超えるであろうJEFサポーターが静かに,そして熱く見守るなか,彼は家族を残し,一人で旅立っていきました。昨日,試合後のフクアリで思いのたけをぶちまけたからか,今日の表情は終始にこやかなようでした。

 D1000996

 そして12時過ぎ,彼を乗せたアエロフロートは定刻に成田を離陸。新たなチームである,アムカル・ペルミに向かって旅立ちました。これから先,彼はこれまで以上にゴールという結果が求められることになります。新チームの期待にこたえられるよう,頑張ってもらいたいと思います。

 当blogはこれからも巻誠一郎を応援していきます!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »