« 勝ちたい気持ちが見えたゲーム | トップページ | 福岡博多はLadiesとTOPで2ゲーム!ですが… »

2010/08/16

vs ROASSO 感想戦

 開幕戦でJEFにJ2の厳しい洗礼を浴びせたROASSOとの一戦。戦う相手の嫌なところを突いてくることで勝ち点を重ねてきた高木監督は,Consadoleが試みて成功した前半のコートを逆にするという手も遠慮なく使ってきた。それに対して江尻監督が見せたのは相手の裏の裏をかく布陣だった。

 この日のJEFの中盤は山口,勇人,工藤で,前には谷澤,ネット,深井がいた。これなら誰もがこれまで行ってきた山口をアンカーに据えた4-3-3と思うだろう。ところがふたを開けてみたら山口と勇人のダブルボランチで1.5列目に工藤,谷澤,深井と並べ,1TOPにネットという布陣だった。

 この布陣だと面白いのは工藤の存在である。ボールを持ってさばける谷澤と工藤が並び立つことによって,相手に混乱が生じた。また,工藤が右サイドでボールを持ってタメを作ると,後ろから青木良太が面白いようにスルスルと上がってこられる。良太がこの試合で何度も良質のクロスを上げていたのは現場にいた方もテレビで見た方もご存じだろう。サイドバックは中盤でボールをタメてくれないと効率良く上がれないのだ。裏を返せば昨年までのJEFにはこのタメがなかった。クロスの練習を繰り返している良太の努力ももちろんだが,中盤の協力もないとサイドバックのオーバーラップも輝かない。この点でこのゲームにおける工藤の右サイド配置は成功したといえるだろう。

 さてこのゲーム,前半は内容が良かったものの,結果は無得点だった。その理由はもちろん左サイドに配置された深井だろう。ボールを持てる2人と違い,彼は縦への突破が武器。速攻を仕掛けるには有効だが,この日のようにボールを動かしているゲームにおいては彼の持ち味は拙速だった。特に前半早々のビッグチャンスに焦ってトラップミスしたのはその後の展開に尾を引いた。前半終了後に『深井を倉田にチェンジしたほうがいいのでは』と仲間と話していたが,江尻監督も同じ考えだったようだ。

 もちろん,深井には深井の良さがある。ただ,このゲームにおいてはいわゆる『彼の日』ではなかったということだ。倉田のコンディションもそれほど良いとは言い難く,彼の出番が減ることはないだろう。

 終始,ROASSOを圧倒した感のあるこのゲーム。結果だけ見れば『いただいた』PKとオウンゴールで流れからの得点はなかったわけだが,PKもオウンゴールもそれだけ相手を押し込んだという結果である。特に順位の近かったROASSOに勝ったのは大きい。日曜日に行われたVentforetとAvispaのゲームは引き分けに終わり,2位に若干近づき,4位を若干引き離した。厳しい戦いはこれからも続くが,最後に笑って終われるように頑張るだけだ。

|

« 勝ちたい気持ちが見えたゲーム | トップページ | 福岡博多はLadiesとTOPで2ゲーム!ですが… »

コメント

どちらにお願いしていいのか判らないので、こちらでお願いさせていただきますが、サポーターズリンクから「いつでも夢を」を外していただけないでしょうか。
宜しくお願いします。

投稿: いつでも夢を | 2010/08/17 14:15

>いつでも夢をさま

 コメントありがとうございます。リンクは外させていただきました。

投稿: PACQUE@管理人 | 2010/08/17 21:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27883/49165158

この記事へのトラックバック一覧です: vs ROASSO 感想戦:

« 勝ちたい気持ちが見えたゲーム | トップページ | 福岡博多はLadiesとTOPで2ゲーム!ですが… »