« 誰々がいないとサッカーが出来ない,では困るのだが… | トップページ | 読売新聞千葉版の岡本コラム »

2010/09/06

vs FC RYUKYU 感想戦

 結果だけで見るなら完勝と言ってしまっても差し支えないこのゲーム。実際は前半,JEFに関してはほとんど良いところが見当たらなかった。何せ中盤でつなぐはずのボールをボランチとセンターバック4人でお見合いしてしまって,あわや大ピンチなんてシーンもあったくらいである。前半最後のネットのゴールが認められてなかったら(このゴールも本当に決まったのかどうか,まったく確認できてないのだが…),フクアリがブーイングに包まれていたのではないだろうか。

 この日,前節出場した選手の中でピッチにいなかったのは勇人,アレックス,茶野,櫛野の4人。練習中に怪我を負った櫛野の代役となった岡本は相手の枠を捕えたロングシュートをパンチングで防いだのが唯一の見せ場だった。アレックスの代役として出場した和田も及第点の出来。茶野の代役となった良太は福元とコンビを組んだが,福元の出来の悪さに前半は引っ張られてしまった感があった。後半はそろって持ち直したが,今のままでは次のAvispa戦に不安が残る。茶野も別メでランニングはすでに開始しているようなので,何とか日曜日までには間に合えばよいが…。

 そして,一番の心配である勇人の代役。これから先を見据えても彼が戦列を離れてしまった時に代わりとなれる選手は必要である。今回はそのための中後起用と見ていたのだが,今回は山口との役割があいまいとなってしまったのか,水を運ぶ役割が出来ていなかったようだ。後半早々に伊藤に代えられてしまったが,意識が変わらないとこの先も出番が少なくなってしまうのではないだろうか。

 逆にその伊藤はネットの2点目となるアシストを記録。また,途中出場となった倉田も久しぶりにゴールを決めた。シーズン通しての出場が無かった彼にとって,今年の夏はさすがに堪えたか。ドリブルのキレも戻ってきたようなので,これからまたやってくれると期待している。

 さて,今年の天皇杯だが,周りを見渡してもJリーグ勢で下部チームに敗退したのは2チームのみ。例年と違って番狂わせが少なかったが,これはある意味当然のこと。何せ1回戦は9月3日に行われて,J勢と戦ったチームは中1日というハンデを背負わされていたのだ。この時期に中1日ではさすがに辛いだろう。ましてやFC RYUKYUは沖縄から遠征続きとなってしまっていた。もし彼らがJEFと同じように1週間調整できていたら,立場は変わっていたのでないだろうか。そういう意味でも今年はあまり平等ではなかったと思う。

 まあ,今回はトーナメントでもあるし,とにかく勝ったことで良しとしよう。次のゲームは10月9日に西京極で行われる。今年は縁の無かったはずの関西でのゲーム。相手はSangaである。いろんな意味で面白いゲームになるだろう。

|

« 誰々がいないとサッカーが出来ない,では困るのだが… | トップページ | 読売新聞千葉版の岡本コラム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27883/49373744

この記事へのトラックバック一覧です: vs FC RYUKYU 感想戦:

« 誰々がいないとサッカーが出来ない,では困るのだが… | トップページ | 読売新聞千葉版の岡本コラム »