« さて,どうなりますかね? | トップページ | 喫茶ルノアールのココアより甘い処分 »

2010/09/20

vs Reysol 感想戦

 勝つしかない,という気持ちで誰もが臨んだReysol戦は2-3で敗戦。外国籍選手がここにきて全員欠場し,日本人選手のみで臨んだが,現在のチーム力の差が如実に表れたゲームとなってしまった。ただ,選手は最後まで戦う気持ちは見せていた。それが結果に結びつかなかったことについては非常に残念だ。

 ただ,この試合だけではないが,チームとしてミスが重なると次第にプレーも雑になるのはいかがなものか,とは思う。前半の早い時間に素晴らしい形で追いついたのだから,その流れで行くべきなのに追加点をすぐに奪おうと気持ちが前掛かりになっていたように見えた。後半でも自陣でのFKをすぐにプレーしようと蹴りだしたはいいが,誰も受ける姿勢になっておらず,そのボールをReysolにかっさらわれるという場面では思わず頭を抱えた。あの時点で時間はまだたっぷりあったはずだ。今のチームにはそのあたりを落ち着かせる役目の選手が少ないのが悩みの種である。

 お先真っ暗な結果であったものの,光明もあった。そう,伊藤大介である。自分が入る前までは孝太へのロングボール一辺倒(これもどうかと思うが…)で無理があった攻撃スタイルからボールを展開させるスタイルへ転換。この日精彩を欠いていた孝太が唯一輝いた瞬間を手助けしたのは彼のスルーパスだ。後半戦では使われたり,使われなかったりすることが多い彼だが,そろそろ頭から使うくらいの変化があってもいいのではないだろうか。

 幸いにして次節23日はゲームが無く,他チームと違って1週間の余裕がある。そろそろ,アレックスも米倉も戻ってくるだろう。あまりにも他力本願で状況は苦しい。それでも簡単にあきらめる気はない。そう,我々は過去にも例があるように諦めが悪い人たちの集まりなのだから。

|

« さて,どうなりますかね? | トップページ | 喫茶ルノアールのココアより甘い処分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27883/49508704

この記事へのトラックバック一覧です: vs Reysol 感想戦:

« さて,どうなりますかね? | トップページ | 喫茶ルノアールのココアより甘い処分 »