« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010/10/31

いろんな物事をおざなりにしてきた結果

 誰もが勝ちたいという思いを込めて臨んだはずのVentforet戦は1-2で敗戦。TIMEUPの笛が鳴ってからしばらくは正直,ぐうの音も出なかった。そして今のこのチーム状態ではとてもじゃないがJ1に上がる資格はない,ということも瞬間的に悟った。

 ただ,これですべてが終わったわけではない。とりあえず,残り6試合を本当の意味で走りきるしかない。結果ダメならそれはそれで仕方がない。応援は続けるし,来週の札幌だって,来月末の愛媛だってすでに手配はしてある。私は最後まで走りきるつもりだ。

 で,チームは本気で走りきる気でいるのか?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010/10/30

明日のVentforet戦!@フクアリ

JEF UNITED市原・千葉 (J2リーグ第32節 vs Ventforet 予想フォーメーション)
  29.青木孝  
  28.伊藤  
16.谷澤 9.深井
6.山口 7.佐藤勇
3.アレックス 31.青木良
15.福元 33.茶野
  1.岡本  

 今年のJ2も早いものであと7試合。そして,明日戦う両チームにとっては今年の行方を占うであろう,大一番。台風の状況も心配されてはいるが,明日の16時はたぶん大丈夫だろう。ただ,風の後遺症は残っているはずだから,それをどう味方につけるかがカギになるはずだ。

 前節の警告を受けて,ネットが2試合の出場停止となってしまった。確かに痛いがJEFにはVentforetに相性のいい孝太がいる。縦へのスピードを意識するならボールを出せる大介を使うことになると予想しているが,果たして。

 とにかくこのゲーム,勝つこと以外に意味はないと言い切ってしまっても過言ではない。とにかく勝って勝ち点3を得る。やるべきタスクはこれだけだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/28

もうそんな季節ですよねぇ…

 今日のスポニチにGAMBAがArdijaのラファエルを獲得,アレックスをリストアップ,という記事が載りました。今年から契約交渉のやり方が変わってきているので,こんな早い時期から来季の話が出つつありますね。今回は主語がラファエルであり,アレックスはその前の段階のようですが,はてGAMBAの左サイドって補強ポイントだっけか?という印象です。

 まあ,でも個人的にはJ2に長くいてはいけない選手だと思うので,来年については今季の成績如何だと思うわけですよ。とにかく絶対に昇格しないと来年もいてほしい選手もいなくなってしまうぞ!というわけでまずは次のVentforet戦,絶対に勝ちましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/26

Verdy戦の謎

 Verdyが11月14日に行われるJEFとのゲームにおいて,集客におけるいろいろな施策を打ってくるようです。普段は閉鎖ししているバックスタンドも開放するようですし,それはそれで頑張っていただきたいと思っております。

 で,ホーム側ではTシャツ付きチケットを前売り1,000円で販売するようですが,すでに購入したJEFサポさん情報では,このホームのチケットでAWAY側にも入れるとのこと。Verdyのスタッフに直接確認したとのことなので間違いないようです。

 ちなみにAWAY側自由席は前売り2,000円…。正直なところ,あまり正義感を振りかざす気はないです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/10/24

vs YOKOHAMA FC 感想戦

 連勝でさらに勢い付けるべく臨んだはずのYOKOHAMA FC戦は0-1で敗戦。JEFのボールホルダーに厳しいチェックをし,さらにはJEFのウィークポイントを見事についてきたYOKOHAMA FCの戦術に見事にしてやられた,というほかに言いようがないゲームだった。

 このゲームで一つ気になったのは,うちの選手が総じてフィジカルコンタクトにからきし弱かったこと。YOKOHAMA FCは岸野監督のイメージどおり『根性』を前面に押し出して,うちに襲いかかってきた。うちにはその根性をいなすだけの工夫と技術が足りなかった,ということだ。

 この敗戦直後は正直,現場での喪失感が計り知れなかった。しかしまだ諦める状況にはない。相手に関係なく一戦一戦立ち向かっていくほかにない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/22

明日のYOKOHAMA FC戦!@三ツ沢

JEF UNITED市原・千葉 (J2リーグ第31節 vs YOKOHAMA FC 予想フォーメーション)
  20.ネット  
  28.伊藤  
16.谷澤 9.深井
6.山口 7.佐藤勇
3.アレックス 25.鎌田
31.青木良 33.茶野
  1.岡本  

 今シーズンのフクアリでは初の1-0勝利から一週間。今度は三ツ沢でのYOKOHAMA FC戦である。すでに言い古された感はあるが,何度も言おう。とにかく相手より1点でも多く取って勝つことが大事であると。

 予想スタメンは上記のとおり。深井のここ数試合のパフォーマンスを考えると,出場停止明けの谷澤と倉田,どちらを使うかということになるかと思われるが,ここは有給明けでコンディションが良さそうな谷澤が来ると予想した。右SBの鎌田はU-21合宿明けらしいが,それほど影響しないだろう。

 とにかく勝たなきゃ何も始まらない。このゲームに勝利して,まずは日曜日開催のAvispa,そしてVentforetにプレッシャーをかける。それだけだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/10/21

Over

 J2日記にも書かれてましたが,先週のHOLLYHOCK戦では久しぶりに光永さんの生唄を聴くことが出来ました。当時,臨海でコーラスにも参加したことを思い出したりしました。今では蘇我駅の発車ベルとしても使われており,JEFサポにとってはなくてはならない曲であります。

 …とここまで書いて思い出したのですが,実は私,このCDを持ってません!たぶん,いつでも買えるだろう,と思ってそのまま忘れてしまったんだと思います(^^;)。

 幸いにしてiTunesにカタログがあったので,速攻でDLしました。いやぁ,危ない,危ない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/10/18

vs HOLLYHOCK 感想戦

 シュートを24本打ちながらも『薄氷の勝利』というイメージが強かったHOLLYHOCK戦。そういう印象になってしまった理由はDFラインでの致命的なミスと相手の戦術に対応しきれなかった後半15分から30分過ぎくらいまで防戦一方となってしまったことに尽きると思う。

 一つ目のDFラインでの致命的なミスだが,ボールをつなぐということを是としているJEFでは集中に欠けてしまうと絶対的に起こりえる。後半に鎌田がキープしていたボールを簡単にかっさらわれてあわや,というシーンがあったが,あの場面は明らかに鎌田本人が前に行くのか,後ろで回すのかを躊躇していた。そんな一瞬の迷いで結果的に大ピンチに陥ってしまったわけだ。幸い,その他のメンバーの集中が途切れなかったためにその場は難をのがれたが。鎌田はU-21の代表に選ばれるくらいの素質の持ち主なのだから,そのあたりの判断をきっちりやらないとU-21にも定着できなくなるだろう。

 二つ目の防戦一方となってしまった時間帯については伏線がある。後半15分過ぎにHOLLYHOCKは片山を投入して,1TOPから2TOPにシステムを変えた。1点ビハインドのチームとしては当然の策であるが,なぜかJEFはこの策に対応しきれていなかった。また,この2TOPが精力的に動くことによって,JEFのDFは混乱し,さらには中盤の大橋を自由にさせてしまう始末。最終的にはゴールポストや相手の決定力不足に助けられた面はあるが,この時間帯は正直いただけなかった。この辺りはベンチからの指示もあったはずなのだが,実際どうだったのかは非常に気になるところだ。

 ただ,これも長くは続かなかった。JEFが工藤を投入したことにより攻撃が再活性化し,結果的にそれ以降は危なげなく試合を終わらせることができた。欲を言えばもっと早く工藤や孝太を投入してほしかったところだが,1-0でむやみに動くのもどうかという思いもある。このあたりは難しいところだ。

 勝利を確実に得るというタスクは果たしたが,Avispaも勝利したために勝ち点1差はそのまま。残り8試合はどちらが先に倒れるかという我慢比べである。息のつけない週末が続くが,それもまた一興だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/10/17

チームとしてはいい方向に向かっていると思うよ

 4

 前回のAWAYでの借りを返す意味だけでなく,残り試合を考えても絶対に負けられなかったHOLLYHOCK戦は1-0で勝利!ネットが決めたゴールを守りきったというよりも攻めに攻めまくったが結果的に追加点を取るに至らなかった,という感じだった。

 内容としてもそれほど悪かったとは思えないが,局面,局面でミスが散見されたのも事実。あと,相手GKの本間が驚くほど当たっていた。まあ,Avispaが勝っていた手前,JEFもとにかく勝てて良かった,ということだ。

 とりあえず,これでリーグ戦3連勝。とにかくJEFは勝ち続けていかなきゃならない。この連勝でチームとしてもいい方向に進んでいると思う。残り8ゲーム,とにかく一致団結だ。

続きを読む "チームとしてはいい方向に向かっていると思うよ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/10/16

明日のHOLLYHOCK戦!@フクアリ

JEF UNITED市原・千葉 (J2リーグ第30節 vs HOLLYHOCK 予想フォーメーション)
  20.ネット  
  28.伊藤  
9.深井 10.工藤
6.山口 7.佐藤勇
3.アレックス 25.鎌田
31.青木良 33.茶野
  1.岡本  

 西京極での天皇杯3回戦でSangaに圧勝してから一週間。今度は我が家フクアリでHOLLYHOCKを迎えてのリーグ戦である。前回のゲームでは相手の策にしてやられたので,今回はそのリベンジといきたいところだ。

 JEFは今回,谷澤が出場停止。天皇杯ではその対策もあってか,深井が起用された。結果はご存じのとおり,伊藤のCKから見事なゴールを決めて結果を残した。復調傾向の倉田という選択肢もあるが,相手の嫌なところを突く深井の動きに期待したいところだ。また,1TOPはハットトリックを決めたネットを選んでみたが,リーグ戦3試合連続ゴールの孝太も捨てがたい。個人的には2TOPで組ませてみるのもいいかと思ったが,果たしていかに。

 気がつけばリーグ戦も残り9試合。息を抜くことも許されないサバイバル戦が続くが,目の前の戦いに一つ一つ勝っていくほかない。とにかく今は『走り抜け!』である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/15

次の天皇杯は味スタ!

 天皇杯4回戦の会場が本日発表され,FC TOKYOと対戦するJEFは味スタでの開催となりました。まあ,興行としての採算を考えれば,平日夜のゲームを地方開催とするよりはどちらかのチームのホーム扱いにするのがベターだと思いますので,比較的近い味スタならこちらとしてもありがたいです。

 しかし,14日にVerdy戦が味スタであって,中2日でまた味スタかぁ…。そういや2年前も2週連続味スタなんて日程組まれてたっけか…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/10/13

過密日程についてはイコール条件

 JEFがSangaに勝利したことにより,天皇杯4回戦の日程が11月17日(水)に組み込まれました。これにより11月14日のVerdy戦から11月23日のEHIME FC戦まで中2日で4試合を行うことが決定しました。

 この大事な時期にこの過密日程はJEFにとって不利かと思いましたが,本日の天皇杯3回戦でAvispaがSANFRECCEに勝利。よってAvispaもほぼイコールの条件となりました。言い訳無用のサバイバル戦が来月,始まります。

 こうなるとチームとしてどれだけコンディション調整をうまくできるかがカギとなってきます。JEFは今年,怪我人が多く出ましたが,ここ最近は全員が戻りつつある状況。このままの状態で行ければいいんですが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/12

久しぶりに日本代表が面白いと思えた

 1-0で歴史的勝利を飾ったアルゼンチン戦に続いて行われたAWAYの韓国戦はスコアレスドロー。90分通じて連動性の高いサッカーを見せていたが,最後までゴールが割れなかった。それでも韓国にもゴールを割らせなかったのだから,自信を持っていいだろう。個人的にはW杯前の惨敗した2試合よりも素直に悔しいと思えたし,面白いと思えた。

 しかし,海外のリーグでやってる選手はやっぱりそれだけのものを持っているということが再認識できただけでも良かったわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/10

vs Sanga 感想戦

 下位とはいえ,ほぼベストメンバーのJ1チームを相手に4-0と快勝。ゴールも前半で3点,後半にダメ押しの1点と活字だけで見れば素晴らしい結果ともいえるSanga戦。今季なかなか決まらなかったCKからのワンタッチでのゴール(3点目の深井)も決まり,久しぶりに見ていて楽しいゲームであったことは正直に書かせていただく。

 このゲームでは特にネットの献身ぶりが凄まじかった。9月の大事な時期に怪我で離脱したという負い目もあったのだろう。それを取り返すだけの働きを見せてくれた。ハットトリックという結果ももちろんだが,危険な場面ではディフェンスラインまで下がって守備にも奮闘。セットプレーの場面でもないのに彼がボールをクリアする,という場面も見られた。終盤はさすがに疲れたのか,足を攣って途中交代となったが,彼が戻ってきたことはJEFにとっても大きい。

 そのネットの3点のうち,2点のアシストをしたのが,勇人である。去年まで所属していたSanga相手に中盤を制圧。彼がボールを持って前を向くとチームの連動性が高まる。噂ではこのゲームには帯同しないのではないかと言われていたが,彼がいなかったらこの結果にはならなかったろう。リーグ戦に限って言えばチーム唯一の全試合フルタイム出場。今の彼に対して,わだかまりを持っている人はもう多くないはずだ。

 翻ってDF陣だが,茶野が復帰して福元とコンビを組み,右に良太,左に鎌田という布陣となった。守備重視で入ったであろう前半はサイドからの上がりも少なかったが,相手が前掛かりになってくると次第に両サイドを蹂躙。相手のカウンターに対してもボランチの二人がスペースを消して対応。個人技での中央突破には体を張ってゴールを死守していた。個人的には福元の相変わらずなプレーの軽さは気になるが,最終的にゼロに抑えたのは評価できる。あと,雨の悪コンディションほど岡本のキックの精度の高さが際立ってみえた。

 というわけで手放しな褒めようで,文句のつけようがない内容でもあった。強いて言えばあともう何点か取れただろうってところだが,一発勝負のトーナメント大会は相手より一点多く取って勝てばいいのだ。次の天皇杯のゲームは11月17日の水曜日。場所,対戦相手は現時点で未定。現在の心配事は『地方に飛ばされないかどうか』,これだけだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/10/09

こんなゲームはそうそう見られない

 Photo

 丸一日雨にさらされた西京極で行われた,天皇杯3回戦 vs Sangaは4-0で圧勝!体調不良から復帰したネットがハットトリックを決めれば,久しぶりの先発出場となった深井が伊藤のCKをダイレクトで合わせてゴール!とこの悪環境の中で集ったJEFサポにとってはまさにメシウマの展開だった。危ない場面も無くはなかったが,この日のディフェンスラインは最後まで集中して体を張り,岡本もこのスリッピーな状況のなか,ほぼミスのないセービングを披露。久しぶりにJEFのゲームを安心して見ていられた,そんな内容であった。

 大会は違えど,相手はJ1のチーム。ここでの無失点での勝利はさらに自信になるだろう。いや,なってもらわないと困る。我々の今季の目標はあくまでもJ1復帰。とにかく,勝ち続けていかないと。

続きを読む "こんなゲームはそうそう見られない"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/10/08

明日のSanga戦!@西京極

JEF UNITED市原・千葉 (天皇杯3回戦 vs Sanga 予想フォーメーション)
  20.ネット  
  28.伊藤  
10.工藤 16.谷澤
6.山口 8.中後
3.アレックス 25.鎌田
15.福元 31.青木良
  1.岡本  

 日本代表がアルゼンチンに歴史的初勝利を挙げたさなか,当blogは粛々と明日の天皇杯のプレビューを(^^;)。

 で,いきなりですが予想スタメンは上記のとおり。漏れ伝わった情報では孝太と勇人は帯同していないとのこと。怪我なのか,次のリーグ戦に向けての回避なのかはわかりませんが,明日はだいぶメンバーが変わるのではないかと思われます。相手が下位とはいえJ1のチームなので,今のチームの力を測るには絶好の相手でしょう。明日の京都は雨予報ですが,勝利して今後のリーグ戦に弾みをつけたいところです。

 大会は違えど,JEFのゲームに変わりはありません。行かれる方は多くないと思いますが,精いっぱいの応援を。そうでない方はPC,ケータイなどから念を送ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/05

J1復帰に向けての新しいスローガン

 Hashirikiredl

 要は「る」が「れ」に変わって,文字が緑から赤,バックが白から黄に変わった,ということです(爆)。

 とにかく,全員が一丸となってやらなきゃいけないのは事実です。シーズン終了時に喜びにひたれるように頑張りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/04

vs Kataller 感想戦

 どうしても勝ち点3が欲しかったこのゲーム。それを得るというタスクはどうにかこなした。ただ,ありていに言ってしまえば,相手の決定力不足と運に助けられたという部分もある。事実,シュート数で言えばKatallerに5本及ばなかった。ドキドキしたけど,ワクワクしない,そんなゲームだった。

 ただ,こういう結果だけを得るゲームは時として必要だ。チームは生き物であり,シーズン通じて好調を維持できるわけではない。下位のチームとの対戦であっても,こちらのコンディションなどの兼ね合いで分が悪くなるときだってある。強いものが常に強いとは限らないのがサッカーの面白いところだ。

 だからこそ,本当に必要なのは悪い状態のときでも最低限の勝てる術をチームとして持つこと。これまでのJEFはこの術がまったくと言っていいほどなかった。良いときは手がつけられなくなるが,ちょっとリズムが悪くなるとなかなか負の連鎖が止まらなくなる。このゲームもいくつかの場面で中盤のリズムが悪くなる場面が見られた。また,終盤に中央で孝太がボールを持ったときに左にいた深井との呼吸が合わない場面も見られた。たぶんここはボールをキープするのか,それとも攻めるのか,という意思が合わなかったのだろう。チームマネジメントがまだまだ不十分と思わせられてしまうシーンであった。

 というわけで,この時期においてもまだまだ発展途上という,頭を抱えたくなる内容ではあったが,勝ち点3を得ただけでなく,Avispaが連敗したことにより3位に接近することができた。これは勝ったからこそ得られる権利だ。勝てば天国,負ければ地獄。残り9試合,スリリングな展開になることが予想されるが,1試合1試合,必死になって立ち向かっていくしかない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/10/03

勝利が何よりの薬

 2

 今日こそは絶対勝利!と誰もが思ってゲームに臨んだKataller戦は苦しみながらも1-0で勝利。AWAYでの勝利は約5カ月ぶり,そして1-0での勝利は今季初という結果となった。また,このゲームでもゴールを決めた孝太は3試合連続ゴールとなり,今やJEFの中心としての風格も出てきた。

 ただ,内容としては正直,手放しで喜べるものではなかった。風とハイボールの処理に悩まされ,自陣ゴール前の攻防では何度肝を冷やしたことか。しかしながら今はとにかく格好悪くても,勝ち点3を得ることが大事。事実,このゲームに勝ったおかげで上位との差が縮まり,下位を突き放す結果となったわけである。個人的にも久しぶりのAWAY勝利に気分がいいのが正直なところだ。

 この勢いで次も…と行きたいところだが,次のゲームは天皇杯。相手はSangaであり,試合前からお互いの選手に対するブーイング合戦が予想されるところだが,勝負に徹してさらに勢いをつけたいところだ。

続きを読む "勝利が何よりの薬"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/10/02

明日のKataller戦!@富山

JEF UNITED市原・千葉 (J2リーグ第29節 vs Kataller 予想フォーメーション)
  29.青木孝  
  28.伊藤  
10.工藤 16.谷澤
6.山口 7.佐藤勇
3.アレックス 2.坂本
15.福元 31.青木良
  1.岡本  

 アップアップになりながらも勝ち点3を得て3位との差を縮めたTOCHIGI SC戦から1週間。今度は富山でのKataller戦である。今年これまで,苦手意識が特に強くなっているAWAYの13時KICKOFFだが,とにかく勝ち進まないと話にならないため,そんな苦手意識を払しょくするような結果を期待したい。相手は今週初めに成績不振による監督交代を行ったことで,かなり不気味な感じだが,残り試合に対するモチベーションの違いを見せつけてほしい。

 JEFのほうだが,吐血により途中退場した茶野は警告累積により,このゲームには出場できない。ケータイサイトにも本人から異常ないことが報告され,まずは一安心だ。バックアップはここ最近右サイドバックで結果を出しつつある良太だろう。個人的にはセンターバックのほうが安定しているように見えてしまうのは気のせいか。良太がCBとなると,右に入るのは誰かということになる。ここは坂本,和田,鎌田のいずれかだろう。とりあえず坂本を予想してみたが,果たしてどうなるか。攻撃のほうは2試合連続ゴールの孝太と,彼と相性のいい伊藤大介のコンビに期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »