« いろんな物事をおざなりにしてきた結果 | トップページ | NABISCO CUP決勝を観戦 »

2010/11/01

vs Ventforet 感想戦

 …と,いつもどおりタイトルから書き始めてみたものの,正直言って書くことが思い浮かばない。強いて言えば勝ちにこだわったのはJEFよりもVentforetのほうが強かった,ということだけだろう。

 たとえば先制点は相手DF山本からの縦一本の放り込みにパウリーニョが抜けて決めたものであり,今までのVentforetに対して持っていたイメージからするとちょっとあり得ないものだった。たぶん,JEFのディフェンスラインがロングボールの対処に甘いというという点をスカウティングされたのだろう。J1昇格のためにリアリストとなったのは江尻だけではない,という証しだ。

 また,ディフェンス面にしても後半に必死になってつないだボールを孝太がシュートし,相手GK荻をも抜いたのだが,その後ろにさらにダニエルが控えていて,寸でのところではじかれてしまった。これまでの相手ならネットを揺らせたかもしれないが,やはりここにも勝ちにこだわる強さが垣間見えたような気がした。

 かと言ってJEFの選手たちに勝ちたい気持ちが見えなかったというとそうではない。ただ単に勝ちきる力がVentforetよりも少なかったというだけなのだ。ただ,この一敗はただの一敗ではない。これが現実だ。

 残り6試合,与えられた条件はさらに厳しくなった。それでも最後まで戦い抜き,とにかく人事を尽くす。天命はとりあえず考えない。今できることはこれだけだ。

|

« いろんな物事をおざなりにしてきた結果 | トップページ | NABISCO CUP決勝を観戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27883/49908883

この記事へのトラックバック一覧です: vs Ventforet 感想戦:

« いろんな物事をおざなりにしてきた結果 | トップページ | NABISCO CUP決勝を観戦 »