« 前半の憂鬱,後半の歓喜 | トップページ | ミリガン,豪州代表に選出!ということは… »

2011/05/30

vs Trinita 感想戦

 前半と後半でサッカーがまったく変わったTrinita戦。それもそのはず,ドワイト監督はこの試合,これまでと違ってつなぐサッカーをチャレンジしてきた。そのため,前半はオーロイめがけてロングボール,というシーンが多くなかったように思う。そしてつなぎという面でも勇人や大介を経由してゴール前へ運ぶというシーンが多くなっていた。相手が持っているイメージを変える,という面においては成功ではなかったかと思う。ただし,相手に先に2点取られたというのは計算外だった。

 Trinitaは普段運動量が少ないイメージの森島,前田が果敢にカウンターで裏を狙うという戦略を敢行。これにJEFがまんまとかかってしまった。特にこの日,左サイドバックに入った良太はドリブラーに対して下がって守備をすることが多い選手であり,その分相手にシュートタイミングを与えてしまう。先制点はその悪いイメージがもろに出てしまった格好となってしまった。2点目も前掛かりになっていた場面でカウンターを受けてしまった。前半だけなら昨年のVTRを見ているような展開であった。

 2点を追う後半,どのように修正をかけてくるのかと思っていたが,今度はやり慣れているオーロイめがけて蹴る戦術に転換。前半から飛ばしていたTrinitaに対して,このやり方はまさにボディーブローを何度も打ち込んでいる状態となり,やがてゲームはハーフコートだけでやっているような状態となった。さらに追い打ちをかけるように久保を投入。交代はゲッセルあたりかと思っていたら,良太を下げて2TOPに。さらに米倉を右に回して,中盤は大介,勇人を前に出し,ゲッセルをアンカーっぽい位置に配した。さらにバックラインを3枚にし,3-3-4(3-3-2-2?)という超攻撃的な布陣に。完全に残り25分で3点取って勝つ!という意思表示をした。

 結果的にこの采配が的中するからサッカーは面白い。投入された久保はポストになってタメを作る役として非常に効果的だった。さらにオーロイと並び立つことで相手DFが混乱。それまで非常に高いラインを保持していたにもかかわらず,ベタ引きの状態に。とにかく守ることに集中するため,JEFにとっては今年もっとも期待できるセットプレーの場面も多くなった。

 当然,その中で生まれたゴールもすべてセットプレーから。大介のCKをゲッセルがヘッドですらしてファーにいた竹内が飛び込み,1点を返す。さらにCKからのこぼれをミドルレンジにいた深井がらしいシュートで同点に。これで雨に濡れたフクアリのボルテージも上がっていき,最後は大介のFKから一度は奪われたボールを深井が奪い返して左サイドからクロス。ニアのオーロイにつられてぽっかりあった中央にこれまた竹内が突っ込んで見事なゴール!14分間の逆転劇にフクアリの沸騰も最高潮に達した。こういうひっくり返し方もついぞ久しい。

 最後はゲッセルを最終ラインに組み込んで4バックに戻し,危なげなく試合終了。こういうゲームをものに出来るというのは今後を考えたうえでもあまりにも大きい。そして何より,久保が使えるという目途もついた。結果はもちろん,収穫もあったゲームであった。

|

« 前半の憂鬱,後半の歓喜 | トップページ | ミリガン,豪州代表に選出!ということは… »

コメント

久保選手投入時かなり細かくベンチから指示出ていた様子でDF陣へ伝えていました。彼の落ち着きぶりが印象的。選手交代時ってよく失点しがちじゃないですか・・・大雨中劇的勝利でしたね。忘れえぬ試合となりました。

投稿: matti | 2011/05/31 07:39

>mattiさま

 交代直後,ちょっとだけ混乱してましたからね。あの指示は効果的だったかと。

 しかし,なかなかああいうゲームにはならんもんですよ。まあ,こちらとしてはどっと疲れるんですが…。

投稿: PACQUE@管理人 | 2011/05/31 23:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27883/51813347

この記事へのトラックバック一覧です: vs Trinita 感想戦:

« 前半の憂鬱,後半の歓喜 | トップページ | ミリガン,豪州代表に選出!ということは… »