« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011/06/29

中2日での快勝!

 Img_06721

 日曜夜に行われたTOCHIGI SC戦から中2日で行われたBellmare戦は深井のフクアリ6戦連続ゴールと勇人の今季初ゴールで2-0と快勝。相手が攻撃に精彩を欠いていた面もあるが,久しぶりの無失点勝利でもあり,今後に期待が持てる内容でもあった。前半で退いたオーロイの状態は気になるが,久保もピッチでの存在感が増してきており,1TOPのスタメン争いも面白くなりそうだ。

 しかし,『小さな巨人(by ガマちゃん)』はホントキレキレだよなぁ…。

 詳細は感想戦で。青木良太が出色の出来だった,ということは忘れずに記しておきたい。

続きを読む "中2日での快勝!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/06/28

明日のBellmare戦!@フクアリ

JEF UNITED 市原・千葉 (2011 J2リーグ 第2節 vs Bellmare 予想フォーメーション)
  8.オーロイ  
9.深井 20.伊藤
  11.米倉  
6.ゲッセル 7.佐藤勇
4.青木良 13.山口
5.ミリガン 3.竹内
  1.岡本  

 負けはしなかったが勝ち切れなかったTOCHIGI SC戦から中2日。明日は天皇杯を除けば約2年ぶりの夜間平日ゲームとなるBellmare戦が行われる。前節引き分けたことにより,5試合を一つのロットで見た時の目標である勝ち点10は明日を入れた3試合を3連勝する以外に無くなった。したがって明日は是が非でも勝ちに行きたいところである。

 中2日ということで選手の疲労度が気になるところであるが,前節出場停止だったオーロイは当然出てくるだろう。そのほかのメンバーも変化がないものと思われる。そして前節,その大いなる可能性を示してくれた久保をどうやって絡めていくのかも非常に楽しみだ。

 相手のBellmareはここ最近3連敗ということだが,こういう状況のチームは逆に不気味だ。勝ち気に来るところをうまくさばいて主導権を取れればいいが,まずは先取点を奪って勢いをそぎたい。

 平日夜ということで,客足は鈍くなるかと思われるが,万障お繰り合わせのうえ,フクアリへお越しを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/27

vs TOCHIGI SC 感想戦

 …とはいうものの,明後日にはbellmare戦がありますし,自分の中でいろいろとまとまらない部分もあるので,今日は箇条書きで。

・久保はあくまでも『オーロイの代役』として出場したわけだが,ボールのキープ力や裏へぬける動きはオーロイにないものであり,オーロイ抜きでも十分にやれるというところを見せてくれた。

・ただ,明後日の先発はオーロイだと思う。

・日本の夏は北欧人にとってかなりキツイと思うので,当面は二人のターンオーバーがベストなのではないか。

・ゲッセルは視野の広く使ってサッカーをしており,ようやくチームに馴染んできたのではないかと思う。

・TOCHIGI SCのゾーンが右に傾いている状況で深井が見えていたのはお見事。

・出足の遅ささえなきゃ,文句ないんだがなぁ…,一長一短です。

・家に帰って録画を見直したが,ロボの2点目は相手褒めるしかないな。

・うちのDFは下のシュートコースをあの時点で切ってるから,狙うとしたら上しかない。

・そこに打ってくるんだから大したもんだ。早くGAMBAさんお買い上げをw

・第三者的に見たら,面白い試合だったと思う。でもやっぱり当事者にしたら,勝てなかったというのはショックなんですよ。

・ブーイングについていろいろ言われてますけど,『今年は結果』と言い続けている以上,結果が出なかったのだから,仕方ないとは思います。

・やっぱり上位に勝てなかったという,去年のトラウマがあるんですかねぇ…。

・幸いなことに次の試合は明後日。引きずっている暇なく,次はやってきます。切り替えて応援頑張りましょう。

・最後に青木孝太…正念場だと思うよ。次こそ俺たちを見返してくれい!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/06/26

去年と同じにならないように

 1309098676961.jpg

 雨雲が低く立ち込める中,そこに集った誰もが勝利を願ったTOCHIGI SC戦は2-2のドロー。第三者的に観たら面白いゲームであったろう。ただ,当事者としては勝てなかったことにいささか消化不良であった。

 現場で挨拶に来る選手に対して思ったことは『これじゃ去年と何も変わってない』ということだった。去年は上位陣との戦いで結果が出ず,次第にチームが崩れていった。今のままでは今年もそれが払拭出来ないのではないか,という言葉が頭をよぎる。

 幸いなことはすぐに試合がまたあること。引きずっている暇はない。次こそ勝とう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/25

明日のTOCHIGI SC戦!@フクアリ

JEF UNITED 市原・千葉 (2011 J2リーグ 第18節 vs TOCHIGI SC 予想フォーメーション)
  22.久保  
9.深井 16.林
  11.米倉  
20.伊藤 7.佐藤勇
4.青木良 13.山口
5.ミリガン 3.竹内
  1.岡本  

 AWAYでリードを守り切れずにドローに終わったYOKOHAMA FC戦から一週間。明日は現在,逆転して首位に立ったTOCHIGI SCとの対戦である。勝ち点は同じだが,得失点差でTOCHIGI SCが上にいるだけに,ここは必ず勝ち点3を得たいところだ。

 この大事な一戦にオーロイが出場停止。代役は当然,久保であろうが,これまでやってきたオーロイを軸としたサッカーをこれまで通り続けるのか,それとも久保の裏に抜ける能力を利用して最近取り組んでいるパスでつないでいくサッカーをやっていくのか。非常に興味があるところだ。

 チームもこのゲームを非常に重要なものとしたのか,これまで例を見ない2日連続の非公開練習。どのような戦略を取るのだろうか。明日に期待したい。

 今日のJ2の結果で3位以下の勝ち点も非常に迫ってきた。ここで少しでも他チームを突き離しておきたいところだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/20

vs YOKOHAMA FC 感想戦

 先制しながらも守り切れずに終盤で追いつかれ,1-1のドローに終わったYOKOHAMA FC戦。この試合は相手の根性に最後の最後で根負けしてしまった感が否めない。

 個人的に精神論はあまり好きではないが,この試合に勝ちたい,という気持ちを持つことは必要だと思っている。この試合に関して言えばYOKOHAMA FCのメンバーの方が気持ちが表れていた。もちろん,JEFの側にその気持ちがなかったというつもりはないが,失点の場面での出足が全体的に一歩遅い印象があった。こういうジリジリした試合を勝ちきるには,やはり相手よりも勝ちたいという気持ちを前面に押し出してほしい。

 また,この試合は采配にも疑問が残った。相手がDFを一枚削って3バックにした場面。こちらとしては当然,相手の動きに対してサイドでボールをキープできる選手を入れてくるのかと思っていたが,何の手を打たぬまま続行。同点にされてから林を投入したものの,あまりにも時間が遅すぎた。相手のパワープレイに対してフィジカルに長けた選手で対応することを選択したのかもしれないが,それにしても失点時の棒立ちは納得いかない。

 それでも結果的には負けないでよかったと思っている。昨年,同じように相手の気持ちに押されたAvispa戦は逆転負けを食らった。今回は負けなかった。次はHOME連戦。初戦は得失点差で首位のTOCHIGI SC。オーロイは警告累積で不在なのでどのような布陣で戦っていくのか。この連戦はシーズン前半の正念場だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/19

1-0で勝ちきる辛抱強さがない

 Img_06551

 昨年のこの地での敗戦に対するリベンジという意味を含めて臨んだはずのYOKOHAMA FC戦は終盤に追いつかれて1-1のドロー。オーロイの日本初となる『足』でのゴールで先制したが,相手のゴールに対する執念を上回ることが最終的にできなかった。

 ここ数戦,先制しても追い付かれるという状況が続いている。守備をしっかりやる,と意識しているはずなのに終盤になってゴール前で棒立ちになっている選手が多いのはなぜなのか。勝っている状況にもかかわらず,やたらとカウンターで攻め急ぐのはなぜなのか。1-0で勝ちきる辛抱強さがないのはなぜなのか。やたらと『なぜ』ばかりが頭をよぎる。

 詳細はきちんと録画を見たうえで感想戦で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/18

明日のYOKOHAMA FC戦!@ニッパツ三ツ沢

JEF UNITED 市原・千葉 (2011 J2リーグ 第17節 vs YOKOHAMA FC 予想フォーメーション)
  8.オーロイ  
9.深井 16.林
  11.米倉  
20.伊藤 7.佐藤勇
4.青木良 13.山口
5.ミリガン 3.竹内
  1.岡本  

 前節はホームフクアリでFC GIFUを力でねじ伏せ,快勝。その勢いを持って,明日はYOKOHAMA FCと対戦する。一昨年のF-MARINOS戦含めて,三ツ沢ではいい思い出がないが,そんなことを払しょくするくらいのゲームを期待したい。

 予想スタメンはご覧のとおり。勝ってる時のスタメンはいじらないのが基本だが,前節終了後のサポーター席へのあいさつ回りで太田が足を引きずっていた。この影響がなければ太田がスタメンだろうが,前節非常に効果的だった林にも期待したい。

 今年のJEFは5試合を一つのタームとし,勝ち点10を目標としている。これまでの10試合で得た勝ち点22はその目標をクリア。ここから始まる新たな5試合は非常に大事。まずは古河電工時代のかつてのホームで勝ち点3を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/16

オーロイ等身大マフラー!

 以前から話が出ていた,オーロイの204cmという長身を前面に押し出したタオルマフラーが26日に発売されるそうです。普段使っているものが120cmですから,それよりはるかに長いものとなります。

 個人的には本人の全身写真のほうがよりリアリティを感じられると思うのですが…。

 Img_06061

 ちなみに↑の横断幕もAからYまでちょうど204cmになるように作ってあります(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/15

来年からプレーオフ導入?

 来季からJ2にプレーオフが導入されるという報道がされました。対象はリーグ戦で3位~6位になった4チームで残り一つの昇格枠を争うというもの。

 まだ検討段階であるため,具体的なことはこれからだと思います。時期的に天皇杯との兼ね合いもありますし。ただ,入れ替え戦の盛り上がりを知っている身としては導入もありだと考えています。

 ただ,導入されたとしてもあくまでも来年から,ということなので,今年の結果でJ1に上がってしまえば関係ないんですよね。なので今年は最後まで今の位置をキープしておきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/14

vs FC GIFU 感想戦

 試合開始2時間前,届いたスタメンメールを見て『おっ』と思った。青木孝太の復帰,そして今季初のメンバー登録となった林。両者ともにDFの裏に抜けることにかけては誰よりも秀でている。オーロイを中心に攻めるだけでなく,他のオプションも使っていく。この二人の名前にそんなメッセージを見たような気がした。さらに前節,たった18分の出場となってしまった太田も先発。これを意気に感じてくれればと強く思った。

 さて試合。AWAYではとかくふんわり入ってしまうイメージが強いJEFだが,やはりホームフクアリは空気が違うのか,前節の二の舞は御免とばかりにアグレッシブに戦っていた。太田も右サイドを突き破ってシュートを連発。いずれも相手GKにブロックされてしまったが,この日は誰からもゴールの匂いがした。そしてオーロイの幻のゴール。あの場面は太田のオブストラクションとも言われているようだが,それも反則と取られるようなものでなく,何だかよくわからないままとなってしまった。

 そんな中で先制点は米倉。左サイドで相手のパスミスを見逃さずにカットし,そのままドリブルで切れ込む。相手のプレッシャーがないと見るやミドルレンジから右足を一閃!地を這うようなグラウンダーのボールはGKの前でバウンドして伸び,そのままゴールに突き刺さる。試合前にピッチに散水していたことをわかっていたのであろう。ビューティフルゴールであった。

 しかし,その5分後にセットプレーから簡単に追いつかれてしまう。右から飛んできたCKに対してオーロイはそこで待ってクリアしようとしていたようだが,その寸前で彼の死角から飛んできたFC GIFUの田中にヘッドで合わせられてしまった。この場面,ミリガンが治療でおらず,マークがずれてしまったのが原因のようだが,オーロイ含めて周りが見えていなかったようだ。これさえなければ無失点で終えられたゲームであったはずなので,この辺りは猛省を促したい。

 結果的にこの失点からしばらくはDFラインの裏をしばしば取られることが多くなっていた。決定的な失点場面もミリガンの必死のカバーによって事なきを得,前半は1-1で終了した。

 後半,林の投入によって試合が動く。かつてあのオシム氏に『ボエム』と言わせたプレースタイルはいまだ健在。自分の頭を越えてきたロングボールを右足トラップ一本で落ち着かせる芸当,JEFでは彼しかできない。試合の流れを変えられる選手はさっそく,深井の逆転ゴールを生んだラストパスを送った。いやしかし,ここ最近の深井の切れ味も素晴らしい。

 そしてダメ押しはCKからファーにいたミリガンがつま先で合わせ,JEFでの初ゴール。この場面でもオーロイがニアで相手を二人ひきつけていた。こうなればもう,このゲームは万全だ。

 最後は途中投入されたブルーノにやりたいようにやられたが,ゴールだけは割らせずにそのまま試合終了。20周年記念を勝利で飾ることができた。

 勝つには勝ったが,相手のゴール前での詰めの甘さや中盤のプレッシャーの無さに助けられた感はある。この勝利に奢ることなく,次のYOKOHAMA FC戦に備えてほしい。昨年は三ツ沢で良いところがまったく無かった。今年こそは勝利を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/12

20周年記念試合を勝利で飾る

 P1010384

 JEFの20周年記念試合となったFC GIFU戦は今や得点源ともいえる米倉,深井のミドルとミリガンのJEF初ゴールによって,3-1で勝利!20周年に見事に花を添える結果となった。

 このゲームではこれまでと違ってミドルを多用してしたようだが,相手の中盤がそれほどプレッシャーに来なかったからだろうか。それでも打てるチャンスがあるなら誰でもどんどん打っていってほしい。3点取った後半はシュートチャンスもあったのに,オーロイに何とか点を取らせようとするようなパスもあったのでね…。

 まあ,とにかく勝ち点3を得て首位を守ったのは評価すべき点。はっきりしない天候の影響か,フクアリの入場者数も2戦連続で1万人を割っているが,勝ち続けることでまた,お客を取り戻すほかない。

 詳細は感想戦で。審判について不満はあるが,解消したいならJ1に上がるほかない。あと,飯田さんはそのインタビューがスカパーのJEFサポ視聴者向けなのか,フクアリにいるサポ向けなのかをハッキリしていただきたい。選手も困ってる。

続きを読む "20周年記念試合を勝利で飾る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/11

明日のFC GIFU戦!@フクアリ

JEF UNITED 市原・千葉 (2011 J2リーグ 第16節 vs FC GIFU 予想フォーメーション)
  8.オーロイ  
9.深井 14.太田
  11.米倉  
20.伊藤 7.佐藤勇
4.青木良 13.山口
5.ミリガン 3.竹内
  1.岡本  

 JEF UNITEDが20周年を迎えた。その記念すべきゲームが明日のFC GIFU戦となる。オーロイに当てた後を完全に潰された前節の反省は解消されるのか,そしてウラを狙う攻撃をオプションとして持つことができるのか。今後を戦うためにも非常に大事な一戦となる。

 相手のFC GIFUは現在最下位だが,実力差が拮抗しているJ2,あまり舐めてかからないほうがいい。とにかく自分たちのサッカーをして勝ち点3を得ることに集中してほしいところだ。

 予想はご覧のとおり。右の前がなかなか固定できないのは難点だが,明日は前節たった18分で下げられてしまった太田に期待したい。そして20周年に勝利の花を添えよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/07

今週末も一時間早い,と

 週末のFC GIFU戦ですが,イベントの影響で入場が一時間早くなるようです。それにより列抽選も一時間早くなるとのこと。横断幕搬入は10時からだそうです。

 いつものとおりだと思って,10時にタイヤ交換の約束を入れちゃってるんだよなぁ…。早い時間にシフトしないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/05

vs THESPA 感想戦

 1

 スタジアム入場後,ケータイに届いたスタメンメールを見て発した第一声は『ホント,ラムちゃん大好きだねぇ』であった。ここ数試合,ほとんど使っていなかった選手の起用に驚くと同時に,ようやくチームにフィットしていると判断できるレベルになったのか,と淡い期待を抱いた。しかし,それは試合が開始されるとともに失望へと変わっていった。結果,前半で交代。要はそういうことだっということだ。

 さて,試合のほうは後半に3失点でものの見事に完敗。昔の言葉を借りれば『DFラインは一週間にしてならず』と言ったところか。この日,CBに入ったファン・ゲッセルはスピード勝負になると確実に弱い。最初の失点は右サイドを抉られてのマイナスクロスだったが,クロスへの中央での対応が後手後手になってしまっていた。あれだけ緩かったらゴールにつながってしまう。ミリガンの代役として起用したものの,それならば福元や良太で良かったのでは?と思えてしまう。監督も試合後にコメントしているが,Trinita戦はほぼ一方的だった。ちょっといいイメージを残し過ぎてしまったのではないだろうか。

 後半開始から出てきたものの,20分と経たずに交代させられてしまった太田については采配への疑問の声が多いかと思われるが,久保を投入してパワープレーに方向性を切り替えると決めた以上,仕方がないものと思っている。ただ,チームとして太田へのケアはしっかりやっておかないといけない。そのあたりは疎かにしないだろうとは思っているが…。

 まあ,結果はもちろん,内容,采配,戦術すべてで完敗だったということだ。他のチームが足踏みしてくれたおかげで首位には立っているが,それほど強いチームでないということが証明されてしまった。チームには今一度,足元を見つめ直してほしい。AWAYで完敗した以上,次のホームではキッチリ取り返そう。

 ちなみにここ2試合で5失点だが,共通して言えることは両方とも坂本がその場にいなかった,ということ。それまでは複数失点がまったくなかった。裏付けがまったくないので事実としてだけ述べさせていただくに留めるが…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/06/03

明日のTHESPA戦!@正田スタ

JEF UNITED 市原・千葉 (2011 J2リーグ 第15節 vs THESPA 予想フォーメーション)
  8.オーロイ  
9.深井 20.伊藤
  11.米倉  
6.ゲッセル 7.佐藤勇
24.藤本 13.山口
4.青木良 3.竹内
  1.岡本  

 雨にさらされながらも後半怒涛の逆転劇で単独首位を守ったJEF。そして明日は昨年,引導を渡された相手,THESPAである。去年の悔しさを忘れていないのなら,ここで勝ち点3を得て雪辱を晴らしたい。

 予想スタメンは上記のとおり。火曜日のエントリーでも書いたが,DFラインは予想される組み合わせが多く,まったく読めないので,今回は完全に本人の希望。もちろん,誰が出てきても全力で応援するのは当然だが。この辺りで藤本の経験値を上げさせたいところでもある。

 対するTHESPAは現時点で4勝4敗と五分の成績ながら,FC TOKYOに土をつけたりとやはり侮れない。J2では珍しいブラジル人2TOPを擁しており,乗せてしまうと危険だ。早い時間帯で点を奪って優位を保てれば問題ないと思うが…。

 ここ最近,雨模様が続いていたが,明日は晴れる予定。気温も上がって暑くなりそうだ。ゲームも暑くなることを期待したい。そして必ず勝利を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/02

遅ればせながら

 Img_0603

 サッカーダイジェストを久しぶりに購入しました。巻頭は今最もJリーグで注目を集めるオーロイとJEFが誇るイケメソ2人。西部さんのアンチ上等なコラムを含めて読み応えがありました。

 ところで,オーロイの髭を見るたびに,私の脳内でシュナウザーがクロスオーバーしてくるんですが,そんな人は私だけでしょうね…。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »