« 1-0で勝ちきる辛抱強さがない | トップページ | 明日のTOCHIGI SC戦!@フクアリ »

2011/06/20

vs YOKOHAMA FC 感想戦

 先制しながらも守り切れずに終盤で追いつかれ,1-1のドローに終わったYOKOHAMA FC戦。この試合は相手の根性に最後の最後で根負けしてしまった感が否めない。

 個人的に精神論はあまり好きではないが,この試合に勝ちたい,という気持ちを持つことは必要だと思っている。この試合に関して言えばYOKOHAMA FCのメンバーの方が気持ちが表れていた。もちろん,JEFの側にその気持ちがなかったというつもりはないが,失点の場面での出足が全体的に一歩遅い印象があった。こういうジリジリした試合を勝ちきるには,やはり相手よりも勝ちたいという気持ちを前面に押し出してほしい。

 また,この試合は采配にも疑問が残った。相手がDFを一枚削って3バックにした場面。こちらとしては当然,相手の動きに対してサイドでボールをキープできる選手を入れてくるのかと思っていたが,何の手を打たぬまま続行。同点にされてから林を投入したものの,あまりにも時間が遅すぎた。相手のパワープレイに対してフィジカルに長けた選手で対応することを選択したのかもしれないが,それにしても失点時の棒立ちは納得いかない。

 それでも結果的には負けないでよかったと思っている。昨年,同じように相手の気持ちに押されたAvispa戦は逆転負けを食らった。今回は負けなかった。次はHOME連戦。初戦は得失点差で首位のTOCHIGI SC。オーロイは警告累積で不在なのでどのような布陣で戦っていくのか。この連戦はシーズン前半の正念場だ。

|

« 1-0で勝ちきる辛抱強さがない | トップページ | 明日のTOCHIGI SC戦!@フクアリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27883/51998136

この記事へのトラックバック一覧です: vs YOKOHAMA FC 感想戦:

« 1-0で勝ちきる辛抱強さがない | トップページ | 明日のTOCHIGI SC戦!@フクアリ »