« とにかく気分がいい! | トップページ | だんだん大きくなります »

2011/07/24

vs Consadole 感想戦

 フクアリで一度も勝てなかったどころか,ゴールを奪うことすらできていなかった難敵,Consadoleからようやく完勝とも言える内容で勝利。ROASSO,Bellmareと2戦連続で勝てていなかったことによる危機感が選手を必死にさせたということも勝利の要因としてあろうが,今回はベテランの力によって勝利を得たと言っても過言ではないと思う。

 JEFは今節,出場停止のゲッセルに加えて,大介を怪我で欠いた。勇人の相棒としてこれまで戦ってきた2人がこのゲームのピッチに立てなくなったのである。この穴を埋めたのが村井だった。ただ,我々にとって村井と言えば左サイドを駆け上がって中央に正確なクロスを入れるというイメージが強くあり,ボランチでプレーするというのがまったくイメージできなかった。そんなこちらの心配を彼は見事に裏切ってくれたのである。

 彼の武器はクロスだけではない。彼のボールキープや繰り出すドリブルもまた武器なのだ。守備のブロックを敷いて守ってきたConsadoleは中盤でJEFがボールを持つと,そのパスコースを消しに来た。これまではここから攻めあぐねてしまうのが嫌なパターンであったのだが,パスコースがないと見るや,彼はドリブルを開始。左利きのドリブルはリズムが狂うのか,Consadoleの選手が体を寄せて奪おうとしてもなかなか奪うことができない。かつてJEFがReal Madridと対戦した際,あのベッカムをして『やりづらかった』と言わせた独特のリズムは時が経っても健在だった。攻め込みながらなかなか先制点が奪えなかったが,前半終了間際に決めたミドルシュートは非常に大きい先制点だった。

 そして久しぶりの先発となった坂本。長く休んでいた影響か,この日は動きにキレがあった。左サイドでの上下動が活発化すると深井も生きてくる。もちろんこのポジションは良太も良くなってきており,今後どちらを使っていくのか,監督も悩みどころだろう。

 さらに誰もが待ち望んでいたであろう,黄色いユニの藤田がようやくフクアリにお目見えした。今回は試合を終わらせるための起用であり,わずか5分ほどであったが,役割はきっちりこなしてくれた。今後も出番は少なからずあるだろう。

 今回はベテランの頑張りに若手や中堅が応えた形となったが,本来はもっと若手に奮起を促したい。孝太も30分ほどのプレーではあったが,ゴールに向かう姿勢を見せてくれた場面もあった。ただ,まだ足りない。久保にしたってまだまだこんなもんじゃないはずだ。次のYOKOHAMA FC戦もホームゲーム。今度は若手の踏ん張りに期待したい。

|

« とにかく気分がいい! | トップページ | だんだん大きくなります »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27883/52297219

この記事へのトラックバック一覧です: vs Consadole 感想戦:

« とにかく気分がいい! | トップページ | だんだん大きくなります »