« 引き分けるべくして引き分けた | トップページ | オーロイの怪我 »

2011/08/01

vs YOKOHAMA FC 感想戦

 勝ち点3が必要な状況でありながら,引き分けに終わったYOKOHAMA FC戦。一言でいえば良くも悪くも『オーロイ祭り』であったということだろうか。

 前回のConsadole戦同様に夏の夜としてはあまり高くないように感じられた気温に今回もオーロイが機能するかと期待していた。確かに開始早々はいい流れでの攻撃が出来ていたが,次第に相手のプレスにプレッシャーを感じたのか,チーム全体の流れが悪くなっていった。そんな中でも林が肩を脱臼してのPKを獲得し,これを深井がきっちり決めて先制するも流れは変わらず,相手のプレスに屈して前に大きく蹴るだけという大味なサッカーになってしまった。

 ここでオーロイがハイボールにきっちり競り勝ったうえで,そのボールを上手く拾えれば申し分なかったが,この日のオーロイは悪い時の雑さが見て取れた。同点に追いつかれた高地のゴールも元をただせばオーロイの雑なパスを簡単に奪われたもの。これが繰り返されるとなかなかJEFの攻撃も機能しない。

 失点に焦ったのかはわからないが,前半終盤に相手ゴール前で競り合った際,足のつき方が悪かったのか,ひざを負傷し,そのまま久保と交代。『オーロイ祭り』はここで終了となった(ちなみに良かったのは試合前のイベントの盛況っぷり)。

 後半,村井に代えてゲッセルを投入。ここはいろいろな考えが皆さんにおありだろうが,私は妥当だとその時は思った。この日の村井は相手のプレスに窮屈そうにしていたし,肉弾戦のような展開では埋没してしまうだろうと思っていたからだ。ただ,結果的にこの日のゲッセルはそれほど効果的でなかった。なかなか難しいものである。

 結局,終盤になって相手のプレスに緩みが出始めたころに猛攻撃を開始し,何度も相手ゴールに襲いかかったが,米倉のヘッドがポストに直撃したり,久保の飛び込みが空振りだったり,孝太のヘッドが枠外だったり,米倉のクロスに飛び込んだ勇人がいつぞやのJubilo戦のようにジャストミートせず(展開としては最高だったが…)など,決めるところで決められず,そのまま試合終了と相成った。

 負けはしなかったが,勝ち切れなかった結果にゴール裏は拍手とブーイングが半々という,人それぞれの評価がなされた。個人的にはあえて何もしなかったが,こういう試合は対応が難しい。

 引き分けで終わったのは微妙な感じだが,これでJEFは日程の関係で2週間のサマーブレイクに入る。これが明けるとFC GIFU,Consadoleとの日程の詰まったAWAY連戦。5試合で勝ち点10を目標とすると,この連戦での連勝は必須。幸いにして準備期間はあるのだから,しっかりと備えてほしい。

|

« 引き分けるべくして引き分けた | トップページ | オーロイの怪我 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27883/52367180

この記事へのトラックバック一覧です: vs YOKOHAMA FC 感想戦:

« 引き分けるべくして引き分けた | トップページ | オーロイの怪我 »