« 今は勝ち続けることが必要 | トップページ | 久しぶりの内部昇格! »

2011/10/04

vs EHIME FC 感想戦

 前半と後半でサッカーの質が大きく異なったEHIME FC戦。前半のテンポの遅いサッカーはSanga戦を連想させるも,後半に先制すると,うって変わって今度はGIRAVANZ戦のような大人のサッカーを展開した。90分のゲームの中で見せる二つの姿。やはりの今のJEFはメンタルな面に左右されやすいようだ。

 ならば今後,やるべきことはいたって簡単。相手より先に点を奪ってしまうこと。その形は何だっていい。今回もサイドへのクリアに逃げたボールを太田が追いかけて残したことで相手に隙が生まれ,絶妙なクロスを大島がこれまた絶妙なポジショニングで決めたもの。もちろん,ニアでおとりとなった孝太の動きも評価したい。今回のように最後まで諦めなければ少なからずチャンスはあるはずだ。

 チャンスと言えば,今回は渡辺が左サイドバックとして今季初先発。今回は前半で我慢する展開であったためにそれほど効果的なプレーをしたとは言い難いが,今後もチャンスはあるだろう。サイドバックのメンバーとして彼が本格的に戻ってきてくれたのは非常に大きい。また,交代で入った大介も久しぶりでありながらも存在感を示したと思う。監督も言っていたとおり,彼らが戻ってきてくれたことはJEFにとってもプラスだ。あとはオーロイが戻ってくれば,これからの終盤戦,さらにチーム内の競争が増してくるだろう。

 これでリーグ戦はいったん中断し,10日に天皇杯2回戦を戦う。今後を見据えて,この戦いをどう使うのか。個人的にはこれまで出場数の少ない選手の出番を見てみたいところだが…。

|

« 今は勝ち続けることが必要 | トップページ | 久しぶりの内部昇格! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27883/52909757

この記事へのトラックバック一覧です: vs EHIME FC 感想戦:

« 今は勝ち続けることが必要 | トップページ | 久しぶりの内部昇格! »