« 第三者視点なら面白いゲームだったろうな… | トップページ | 信頼のブランド,ようやく初仕事 »

2012/07/02

三度目の正直?二度あることは三度ある?

JEF UNITED 市原・千葉 2012 J2リーグ 第22節 vs ROASSO 先発フォーメーション
11.米倉 18.藤田→('78 28.町田)
15.兵働19.田中→('61 9.深井)
20.伊藤→('86 8.オーロイ)7.佐藤勇
23.武田29.大岩
5.山口智3.竹内
 1.岡本 

1341235910628.jpg

 7月の声を聞くと同時にJ2は早くも後半戦突入。その最初となったROASSO戦は0-1で敗戦。正直言っていいところを探したいのだが,それすら見つからないという内容だった。

 気になったのは後半の動き。20分を過ぎてガタっと運動量が落ちる。自陣ゴール前で足が止まってしまうのは何なのか?一歩目が極端に遅くなるのはなぜなのか?1点失い,オーロイを投入したにもかかわらず,パワープレイでやりきろうとしないのは何なのか?考えるだけで憂鬱になる。

 去年もおととしもJEFのサッカーを研究されて,夏場を皮切りに萎んでいってしまった。二度あることは三度あるなのか,それとも三度目の正直か。そろそろ後者の展開を見せないといけないだろう。

|

« 第三者視点なら面白いゲームだったろうな… | トップページ | 信頼のブランド,ようやく初仕事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27883/55106671

この記事へのトラックバック一覧です: 三度目の正直?二度あることは三度ある?:

« 第三者視点なら面白いゲームだったろうな… | トップページ | 信頼のブランド,ようやく初仕事 »