« だんだん良くなる法華の太鼓になれるか | トップページ | グリスタでやっと勝てた! »

2014/06/29

何が変わったと言われれば,何も変わってない



 監督解任後の最初の試合となったYAMAGA FC戦は前半早々にPK献上して先制を許し,その後何とか追いつこうとチーム全体でもがいたものの,それが実とならずに0-1で敗戦。解任がカンフル剤とならず,今季初の連敗となってしまった。

 PKとなったプレーは確かにクエスチョンがつくものであったが,その後の攻撃をことごとくシャットアウトされてしまったのが痛かった。相手も上位に食らいつこうと必死だ。相手の必死さを上回れなかったのが結果となって表れたということだろう。やはり工夫の無さなのだろうか。とにかくこうなった以上,一からやり直しである。

 しかし,監督が変わって何が変わったのだろう?実はいい意味でも悪い意味でも何も変わってない。何も変わっていなかったのに監督を変える理由は何なのか?それもよくわからない。とにかく今回の件はタイミングを含め,良くわからないことが多い…。

|

« だんだん良くなる法華の太鼓になれるか | トップページ | グリスタでやっと勝てた! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27883/59894996

この記事へのトラックバック一覧です: 何が変わったと言われれば,何も変わってない:

« だんだん良くなる法華の太鼓になれるか | トップページ | グリスタでやっと勝てた! »