« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014/10/28

去年までは見られなかった『粘り』



 3連勝で迎えたTHESPA戦は孝太の恩返しゴールで先制されたが,途中交代で入ったケンペスの同点ゴール,そしてロスタイムのオウンゴール誘発により2-1で逆転勝利!リーグ戦4連勝のまま,次節のJubiloとの決戦を迎えることとなった。

 それにしてもこの時期に悪いながらも粘って勝利をもぎ取るなんて光景,全く見られなかったのに,今年はその粘りを選手たちからも感じられる。チームとしての地力がようやく着いてきたのか。残り4試合だが,次のJubilo,そしてその次のYAMAGAはまさにその地力を証明する場となるだろう。

続きを読む "去年までは見られなかった『粘り』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/19

フクアリが再び『劇場』となった瞬間



 必死になって守り続けていた谷澤のゴールによる1点を89分に同点にされ,ふりだしに。その瞬間,その場にしゃがみ込む選手たち。これまでのチームならこのまま試合終了で引き分け,という状況だった。そんな雰囲気を一蹴したのが,そこに集いし黄色の情熱,そしてここにきてようやく『らしさ』を取り戻しつつあったエースFWの豪快な一発だった。

 この日のフクアリはチームの調子も相まってか1万人以上集まった。その観客の前でこの劇的なこの結果。また,同点にされても声のボルテージは下がることなく,勝つことを本当に願っていたようだった。そのさなかに生まれた森本のゴール。この瞬間,久しぶりにフクアリが再び『劇場』となった。

 GIRAVANZが勝利したため,順位は5位のままだが,3位Jubiloとは勝ち点差5。直接対決を含めても残り5試合,森本の言葉ではないが,全部勝つつもりで行きたい。

続きを読む "フクアリが再び『劇場』となった瞬間"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/17

痛快!




 天皇杯準々決勝,CEREZO戦はCKからの田代のゴールで1-0にて勝利し,準決勝進出!ディフェンスの安定が勝利を呼び込んだと言っても過言ではないだろう。フォルラン,カカウという名の通った2TOPに対してディフェンス陣が堂々と張り合い,オフェンスでは今季初スタメンの戸島が溌剌とプレー。今後に期待を持たせる結果となった。ゴールを決めた田代も前半はCB,後半はボランチと多才ぶりを発揮。よくよく考えればうちはターンオーバーをしていたのか。それでしっかり勝ったんだから素晴らしい。

 準決勝は11月26日にヤンマースタジアム長居でMontedioと。もう一つの山であるGAMBAとS-PULSEが味スタなので,できれば交代いただきたいところだが,やはり無理なんだろうな。

続きを読む "痛快!"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014/10/04

ケチャップの蓋を開けるのに一時間かかった



 昨日行われたフクアリでのAvispa戦は後半15分からの5分で森本,太亮,ヒョヌンと立て続けにゴールを奪って3-0と会心の勝利!内容でもAvispaを圧倒しており,久々に安心して観ていられるゲームであった。

 ただ,圧倒はしていたものの前半に決めきるべきところで決められなかったシーンも数多くあり,この展開はひょっとしたら,と過ったのも事実。60分に森本のゴールでようやく先制したところでケチャップの蓋がようやく開いたのか,それまでの展開がウソのようにゴールが決まっていった。今のJEFはリズムに乗れば強い。問題はそのリズムがなかなか現れてくれないところか…。

 残り7試合で3位Jubiloとの勝ち点差は7。これまでの取りこぼしが多い以上,厳しい戦いは続いていく。

続きを読む "ケチャップの蓋を開けるのに一時間かかった"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »