« 望みをつなぐ勝ち点3 | トップページ | REVOLUTION Next25 »

2015/11/23

今年を象徴するような内容,そして結果

 フクアリで行われた今季最終戦,Kamatamare戦は0-2で敗戦。プレーオフ進出とか関係なく,とにかく勝利の欲しい一戦であったが,攻撃も単調,守備もカウンターに対する意識が薄く,相手の術中に嵌ってしまうという,まさに今年を象徴するような内容,そして結果となってしまった。

 今季は出だしこそ良かったものの,戦い方を読まれてしまったうえに,途中でスタイルを全く変えてしまったことでガタガタになってしまったことは否めない。残念な結果と言えば残念な結果である。ただ,来年に向けて何をどうするかを考えるのは我々ではなく,チームが考えるべき。相変わらずパッチワークのような補強をするのか,我慢してこれからの若手を育てるのか。個人的には後者の方がVISIONがあると思っているが…。

 チームはさっそく,フロントの改革に着手し,新たな若いGMを迎え入れた。ただ,ピッチでプレーするのは選手である。意識を根本から変えていかないと,来年以降ズルズルと後退していくだけだ。J1昇格だけを美辞麗句にしない,新体制でのVISIONの構築が待たれる。

|

« 望みをつなぐ勝ち点3 | トップページ | REVOLUTION Next25 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27883/62737901

この記事へのトラックバック一覧です: 今年を象徴するような内容,そして結果:

« 望みをつなぐ勝ち点3 | トップページ | REVOLUTION Next25 »