« とみさわせいたろう,かいしんのいちげき! | トップページ | 維新の地で革命ならず »

2016/04/17

喜び過ぎ厳禁!



 好調,ZELVIAをフクアリに迎えてのゲームは前半のエンジンにかかりが悪い時間帯に先制され,苦しい展開となったが,後半ロスタイムにオナイウが起死回生の同点ヘッドを叩きこみ,1-1のドローで終了。相手から勝ち点2をやっとこさ奪い取る結果となった。

 今日もFW二人はゴールから嫌われ,船山に至っては途中交代を不服と思ったか,そのままドレッシングルームに下がる勢いだったが,それに気づいた関さんが『戻って来い!』と怒鳴りつけるほどのありさまだった。FWには負けん気も必要だが,監督にはそれを超える規律の重要さを示す態度も必要。それを互いに示す一場面であった。

 まあ,個人的に残念だったのはオナイウのゴールが決まった後,喜び過ぎの選手が多すぎたことだろうか。ロスタイムでまだ時間があったのだから,すぐさまボールを持ってセンターサークルに行き,勝つ姿勢を見せることが必要だったと思う。このことは関さんも試合後に語っていたので,次はこんなこと無いだろうが…。

|

« とみさわせいたろう,かいしんのいちげき! | トップページ | 維新の地で革命ならず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27883/63500684

この記事へのトラックバック一覧です: 喜び過ぎ厳禁!:

« とみさわせいたろう,かいしんのいちげき! | トップページ | 維新の地で革命ならず »