« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016/05/22

一度も追いつかれてないのに二度も追いつかれたような勝利



 ホーム連戦で連勝を狙った,フクアリでのFC GIFU戦は前半早々に上げたエウトン,遥也のゴール,そして終盤に決まった貴重な長澤のゴールで3-2で勝利!今季初の一試合3ゴールで,この試合に関しては欠乏症から一歩抜け出した形となった。

 しかし,後半の失点の仕方がいずれも悪かった。最初は後半開始直後,2失点目は長澤のゴールが決まった直後。いずれも2-0,3-1から失ったので,追いつかれたわけではなかったが,雰囲気的には二度も追いつかれたような気分だった。左右に振られるとディフェンスがボールウォッチャーになってしまう悪癖は未だに解消されていない。次のAWAY連戦に向けて気になる面ではある。

 ただ,サポーター目線からするとホーム連勝は気分がいい。暫定ではあるが,上位との勝ち点差も詰まってきた。次の2戦が勝負どころだ。

続きを読む "一度も追いつかれてないのに二度も追いつかれたような勝利"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/05/15

footballがある幸せ



 ROASSOのJリーグ再開試合となった本日のフクアリは約15,000人が集い,J2としては異例のNHK-BS生中継,そしてかなりの数のマスコミ各社,カメラマンが集まるという,普段の風景とは異なる様子で,我々はまるで敵役の扱いだったが,その敵役をキッチリ果たして2-0で勝利!こちらとしてもこれまで5試合勝ちなしという状況だったので簡単に屈するわけにはいかなかった。このような難しい試合を昨年までゴール欠乏症だった町田也真人が決めてくれたというのが大きい。

 もっともROASSOは明らかに調整不足であったことは否めないが,それでもお互いに最後まで力の限りを尽くして戦っていた。そして試合後は互いにコールの掛け合い。ROASSOイレブンはフクアリのピッチを一周して,この一か月の我々からの支援に対して応え,スタンドからも激励と拍手。『プロのfootballはクラブ間の戦争』という一面もあるが,Jリーグに限ってはそこを超えている何かがある。そこにfootballのある幸せを噛みしめ,これからも追っていきたい。

続きを読む "footballがある幸せ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/05/03

追加点欠乏症



 GW連戦の第二戦,フクアリでのKamatamare戦は也真人の今シーズン初ゴールで幸先よく先制したが,その後の追加点のチャンスをことごとく外しまくって,挙句の果てに同点にされてしまうという最悪の結果に。その後も一心不乱にチーム一丸となってゴールに迫るも最後の詰め甘く,そのままドロー。審判の判断の悪さもあったが,それ以前に追加点の重要性が浮き彫りとなってしまったゲームとなった。この追加点欠乏症はなかなか手ごわい。

 それでも前回,前々回のAWAYでの戦い方と比べたら,勝利に対する貪欲さとかところどころでのアイデアなどは見て取れたと思う。個人的にも若狭のボランチと也真人の先発に関して,今日のところは合格点でもいいだろう。問題はこれを続けられるか,ということになる。次はここ数戦好調のSanga。難敵は続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »