« footballがある幸せ | トップページ | 久々に充足感あるゲーム »

2016/05/22

一度も追いつかれてないのに二度も追いつかれたような勝利



 ホーム連戦で連勝を狙った,フクアリでのFC GIFU戦は前半早々に上げたエウトン,遥也のゴール,そして終盤に決まった貴重な長澤のゴールで3-2で勝利!今季初の一試合3ゴールで,この試合に関しては欠乏症から一歩抜け出した形となった。

 しかし,後半の失点の仕方がいずれも悪かった。最初は後半開始直後,2失点目は長澤のゴールが決まった直後。いずれも2-0,3-1から失ったので,追いつかれたわけではなかったが,雰囲気的には二度も追いつかれたような気分だった。左右に振られるとディフェンスがボールウォッチャーになってしまう悪癖は未だに解消されていない。次のAWAY連戦に向けて気になる面ではある。

 ただ,サポーター目線からするとホーム連勝は気分がいい。暫定ではあるが,上位との勝ち点差も詰まってきた。次の2戦が勝負どころだ。

 デングリの音頭は3点目ゴールの長澤。ようやくお互いのタイミングがあってきた。ピッチ上での連携もこれくらい合ってくれればいいのだが…。

|

« footballがある幸せ | トップページ | 久々に充足感あるゲーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27883/63669800

この記事へのトラックバック一覧です: 一度も追いつかれてないのに二度も追いつかれたような勝利:

« footballがある幸せ | トップページ | 久々に充足感あるゲーム »