« チームマネジメントの拙さ | トップページ | 選手の皆さん腹落ち出来てます? »

2016/06/26

アクシデントは仕方が無いにしても…



 Verdy戦,S-PULSE戦を連続で引き分け,是が非でも勝利という思いで臨んだはずのGIRAVANZ戦は試合前にアランダが,開始直後に近藤という,センターラインの二人が外れるという緊急事態。このアクシデントが影響したのか,相手のDFの裏を狙う戦術に対応が遅れ,前後半で2失点。終盤にエウトンのゴールで一矢報いるもあと1点が奪えずに1-2で敗戦。チームマネジメントの拙さはもちろんのこと,主力二人が抜けたことで動揺したことが,明からにピッチに出てしまったゲームとなった。

 動揺を抑えるのは監督の仕事だが,それをピッチ上で具現化するのは選手の仕事。一言で言ってしまえば,両方とも出来ていたとは言い難い。アランダはわからないが,近藤は肉離れ。長くならないことを祈るのみだ。

|

« チームマネジメントの拙さ | トップページ | 選手の皆さん腹落ち出来てます? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27883/63834430

この記事へのトラックバック一覧です: アクシデントは仕方が無いにしても…:

« チームマネジメントの拙さ | トップページ | 選手の皆さん腹落ち出来てます? »