« 一度も追いつかれてないのに二度も追いつかれたような勝利 | トップページ | チームマネジメントの拙さ »

2016/06/08

久々に充足感あるゲーム



 ホーム連勝後,AWAY連戦を引き分けて戻ってきた平日のMontedio戦は前半のエウトン2ゴールと後半の『ボレー王』也真人のゴールで3-0の勝利!ホーム3連勝で7試合負けなし,内容も結果も久々に大満足と言うことないゲームであった。2-0からのチームマネジメントもConsadole戦を糧にしてしっかりと我慢し,最終的にゼロに抑えたのはチームとしてワンランク上がったような印象を受けた。初先発となった大久保も良い意味で目立たないプレーに徹し,勝利に貢献できたというのは大きい。また,若手である乾にチャンスを与えたのはほかのメンバーにもいい刺激になるだろう。次の25周年記念となるゲームも楽しみだ。

 デングリの音頭取りは初出場となった乾。ゴール裏での一発バンザイでは初おちゃらけも。こういうキャラだとは思わなかったw

|

« 一度も追いつかれてないのに二度も追いつかれたような勝利 | トップページ | チームマネジメントの拙さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27883/63750540

この記事へのトラックバック一覧です: 久々に充足感あるゲーム:

« 一度も追いつかれてないのに二度も追いつかれたような勝利 | トップページ | チームマネジメントの拙さ »