« 2017年3月 | トップページ

2017/04/23

派手なハイラインの裏に隠れていた弱点を露呈



 AWAY連戦の二戦目,三ツ沢でのYOKOHAMA FC戦は前半ノーゴールながらいい形で追われたにもかかわらず,後半だけで4失点して0-4で完敗。ボールを持てて繋げることができるのに,ゴールに結びつかないというオフェンスに問題あるのも確かだが,この日に関してはディフェンスの弱点を露呈する最悪の結果となってしまった。

 今年のJEFは『ハイプレス・ハイライン』という特異な戦術で戦ってきており,これまでの相手はとにかく裏を狙うことに主眼を置いて相対してきていた。ところがこの日のYOKOHAMA FCはとにかくつないで押し込み,ミドルレンジからシュートを放つという,これまでのチームとは異なるスタイルだった。そして,このスタイルによりJEFのディフェンスラインの寄せが甘いことを露呈。結果的にうち3失点はすべて相手にいい形で打たせてしまったミドルシュートであった。

 ここを突かれたのは正直痛い。今後の戦い方にも影響が大きい敗戦とも思える結果と内容であった。エスナイデル監督にはなるべく早い段階での修正を求めたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/08

もったいない失点,もったいない結果



 4月ホーム連戦の2戦目,フクアリでのTHESPA戦は前半早々にチームとして前掛かりになっていた場面で熊谷が痛恨のボールロスト。それをロンググループされてしまい,当然前に出ていた優也は追いかけれられずに非常にもったいない先制を許す。これが影響したのか,前半は攻守ともに落ち着きがなく,チグハグな展開に。前半終了時にはブーイングも聞こえるほどの状態だった。

 後半,ケガから復帰した也真人を投入し,4-3-3にシフト。それでもハイプレス,ハイラインは変わらず。これが相手のバランスを狂わせたのか,逆に押し込む展開となった。そして右サイドでの展開から也真人が追い抜いて来た北爪に縦パス。北爪のマイナスでの折り返しを走りこんできた高橋壱晟がスライディングしながらシュートして同点に。期待の大型新人初ゴールに沸き立つフクアリ。さあ,ここから一気に!…と行きたいところだったが,結局最後まで追加点が奪えず,1-1のドロー。もったいない失点,そしてルーキー初ゴールを勝利で祝うことはできないというもったいない結果となった。

 今日も簡単にボールロストから失点。このサッカーをやる以上,ハイリスクは承知の上だが,それを上回る攻撃を見せているかといえばまだまだ成熟度が足りない。それでもやり続けることに意味がある。これまで長きにわたってJEF UNITEDに足りなかったのはその部分だ。これまでにないMY WAYを突き進んでいこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/01

今は目の前の結果に対して前向きに捉える時期



 AWAY連戦を連敗で終え,フクアリに戻って来てのSANGA戦は壱晟,ラリベイのコンビネーションから生まれた清武の先制ゴールで幸先良いスタートを切ったものの,ディフェンスラインのコントロールミスから失点し,さらに後半に逆転ループを叩きこまれてる厳しい展開に。後半はほぼハーフコートで戦っていたものの,シュートまでなかなか行けない,行けても菅野に何度も阻まれるなど,3連敗を覚悟していたが,ロスタイムにパワープレーとして上がっていた近藤がサリーナスのクロスに合わせて同点に。そこから最後まで攻めまくったものの,そのまま試合終了。勝てたであろう試合を自分たちのミスで勝ち点2を失う結果となってしまった。

 失点がいずれもコンビネーションで崩されたものでないだけに,とにかくミスが悔やまれるが,とにかく今は目の前の結果に対して前向きに捉えていくしかない。ここまでメンバーが固定されていないなかで勝ち点を積み重ねているということはエスナイデル監督のやりたいことが選手たちに浸透しつつある,ということだろう。今日の記者会見コメントを見ても,ジャーナリストからの質問が多かったように思う。ハイプレス・ハイラインへの注目度はやはり高い。とにかくやり切ろう。見ているこちらも終始ハラハラさせられて,90分後には疲労感すら感じられるが,エスナイデル監督のポリシーをとにかく信じよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ