« J2の舞台で天敵Grampusを一蹴! | トップページ | もったいない失点,もったいない結果 »

2017/04/01

今は目の前の結果に対して前向きに捉える時期



 AWAY連戦を連敗で終え,フクアリに戻って来てのSANGA戦は壱晟,ラリベイのコンビネーションから生まれた清武の先制ゴールで幸先良いスタートを切ったものの,ディフェンスラインのコントロールミスから失点し,さらに後半に逆転ループを叩きこまれてる厳しい展開に。後半はほぼハーフコートで戦っていたものの,シュートまでなかなか行けない,行けても菅野に何度も阻まれるなど,3連敗を覚悟していたが,ロスタイムにパワープレーとして上がっていた近藤がサリーナスのクロスに合わせて同点に。そこから最後まで攻めまくったものの,そのまま試合終了。勝てたであろう試合を自分たちのミスで勝ち点2を失う結果となってしまった。

 失点がいずれもコンビネーションで崩されたものでないだけに,とにかくミスが悔やまれるが,とにかく今は目の前の結果に対して前向きに捉えていくしかない。ここまでメンバーが固定されていないなかで勝ち点を積み重ねているということはエスナイデル監督のやりたいことが選手たちに浸透しつつある,ということだろう。今日の記者会見コメントを見ても,ジャーナリストからの質問が多かったように思う。ハイプレス・ハイラインへの注目度はやはり高い。とにかくやり切ろう。見ているこちらも終始ハラハラさせられて,90分後には疲労感すら感じられるが,エスナイデル監督のポリシーをとにかく信じよう。

|

« J2の舞台で天敵Grampusを一蹴! | トップページ | もったいない失点,もったいない結果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27883/65096045

この記事へのトラックバック一覧です: 今は目の前の結果に対して前向きに捉える時期:

« J2の舞台で天敵Grampusを一蹴! | トップページ | もったいない失点,もったいない結果 »