« 今は目の前の結果に対して前向きに捉える時期 | トップページ | 派手なハイラインの裏に隠れていた弱点を露呈 »

2017/04/08

もったいない失点,もったいない結果



 4月ホーム連戦の2戦目,フクアリでのTHESPA戦は前半早々にチームとして前掛かりになっていた場面で熊谷が痛恨のボールロスト。それをロンググループされてしまい,当然前に出ていた優也は追いかけれられずに非常にもったいない先制を許す。これが影響したのか,前半は攻守ともに落ち着きがなく,チグハグな展開に。前半終了時にはブーイングも聞こえるほどの状態だった。

 後半,ケガから復帰した也真人を投入し,4-3-3にシフト。それでもハイプレス,ハイラインは変わらず。これが相手のバランスを狂わせたのか,逆に押し込む展開となった。そして右サイドでの展開から也真人が追い抜いて来た北爪に縦パス。北爪のマイナスでの折り返しを走りこんできた高橋壱晟がスライディングしながらシュートして同点に。期待の大型新人初ゴールに沸き立つフクアリ。さあ,ここから一気に!…と行きたいところだったが,結局最後まで追加点が奪えず,1-1のドロー。もったいない失点,そしてルーキー初ゴールを勝利で祝うことはできないというもったいない結果となった。

 今日も簡単にボールロストから失点。このサッカーをやる以上,ハイリスクは承知の上だが,それを上回る攻撃を見せているかといえばまだまだ成熟度が足りない。それでもやり続けることに意味がある。これまで長きにわたってJEF UNITEDに足りなかったのはその部分だ。これまでにないMY WAYを突き進んでいこう。

|

« 今は目の前の結果に対して前向きに捉える時期 | トップページ | 派手なハイラインの裏に隠れていた弱点を露呈 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27883/65124992

この記事へのトラックバック一覧です: もったいない失点,もったいない結果:

« 今は目の前の結果に対して前向きに捉える時期 | トップページ | 派手なハイラインの裏に隠れていた弱点を露呈 »