« 2018年4月 | トップページ

2018/05/20

殴り合いは劇的な引き分け



 雲一つない空のもと行われた三ツ沢でのYOKOHAMA FC戦は後半だけで合計5ゴールという殴り合いの結果,3-3のドロー。ロスタイムに清武のゴールで追いついたJEFにとっては価値ある勝ち点1,YOKOHAMA FCにとっては落とした勝ち点2,という結果となった。レアンドロ・ドミンゲスのスーパーミドルを打たせてしまった時点で体勢は決まってしまったと誰もが思っただろうが,そこから2点差を追いついたのは評価したい。

 そしてJEFは途中投入のサリーナス,清武が効いていた。やはりこの二人を途中投入できるというのは心強い。本来であれば頭から使いたい選手であるが,なかなか難しいところもありそうで如何ともしがたいが…。

 最後にコールリーダーが選手たちに長々と訴えていたが,遠くから聴こえた限りだと同点に追いついたあと,すぐにキックオフに戻らなかったことを言っていたようだ。個人的には同じ思いだったので理解できる。やはりどんな状況でも勝ちにこだわってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/12

勝ち数が負け数になかなか追いつかない



 GW3戦を負けなし,さらには連勝で終えて迎えたフクアリでのAlbirex戦は前半にラリベイのラリベイらしいゴールで幸先よく先制するも,その後追加点を奪えず,後半に修正してきたAlbirexの攻撃に耐えきれず連続失点。後半はチームとしての形もイマイチで結局最後までゴールを奪うことなく1-2で敗戦。この流れで勝率を5割に戻しておきたかったが,さすがに昨年までJ1チーム,そんなに甘くはなかった。

 勝ち数が負け数になかなか追いつかない状況ではあるが,一戦一戦,戦っていく他ない。次も強敵だが勝ち点を積み重ねていく戦いを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/03

読めないスタメンで勝ち点3Get!



 前節のVentforet戦で敗戦濃厚だったロスタイムに近藤のゴールでドローに持ち込み,何とかAWAYで勝ち点1を奪ってから向かえたフクアリでのFAGIANO戦は,雨上がり後の13時KICKOFFということで気温上昇と湿度の影響からか,どちらも前半は抑えた戦い方をしていた。後半10分過ぎに指宿からラリベイに1TOPをチェンジすると,ここから稼働開始とばかりにスイッチが入り,相手ボールを奪った矢田旭から右に張っていた船山にスルーパス。船山が持ち上がってクロスを入れようとするも一度は弾き返されたが,もう一度クロスを上げるとそのボールが弧を描いて相手GKの上を通過。そしてボールはゴールポストを叩いてそのままゴールラインを割った。微妙な判定になるかと思われたが,主審ならびに副審ともにゴールの判定。JEFが欲しかった先制点を手に入れた。

 ここからはこの1点を守り抜く意識を高く持ってゴールを死守。相手が退場により一人足りなくなったこともあり,最後までゴールを割らせずに試合終了。AWAYではからきしだが,HOMEではこれで4連勝。茶島を右SB,サリーナスを左SBに使うというまさに監督の意図が読めない『特攻仕様』とも思える布陣で臨んだはずが,蓋を開けてみれば1-0という結果だった。これだからJEFのサッカーは面白い。

続きを読む "読めないスタメンで勝ち点3Get!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ