« 勝ち数が負け数になかなか追いつかない | トップページ | 船山獅子奮迅 »

2018/05/20

殴り合いは劇的な引き分け



 雲一つない空のもと行われた三ツ沢でのYOKOHAMA FC戦は後半だけで合計5ゴールという殴り合いの結果,3-3のドロー。ロスタイムに清武のゴールで追いついたJEFにとっては価値ある勝ち点1,YOKOHAMA FCにとっては落とした勝ち点2,という結果となった。レアンドロ・ドミンゲスのスーパーミドルを打たせてしまった時点で体勢は決まってしまったと誰もが思っただろうが,そこから2点差を追いついたのは評価したい。

 そしてJEFは途中投入のサリーナス,清武が効いていた。やはりこの二人を途中投入できるというのは心強い。本来であれば頭から使いたい選手であるが,なかなか難しいところもありそうで如何ともしがたいが…。

 最後にコールリーダーが選手たちに長々と訴えていたが,遠くから聴こえた限りだと同点に追いついたあと,すぐにキックオフに戻らなかったことを言っていたようだ。個人的には同じ思いだったので理解できる。やはりどんな状況でも勝ちにこだわってほしい。

|

« 勝ち数が負け数になかなか追いつかない | トップページ | 船山獅子奮迅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27883/66741810

この記事へのトラックバック一覧です: 殴り合いは劇的な引き分け:

« 勝ち数が負け数になかなか追いつかない | トップページ | 船山獅子奮迅 »