« 殴り合いは劇的な引き分け | トップページ | 終了寸前で勝ち点2が零れる »

2018/05/27

船山獅子奮迅



 YOKOHAMA FC戦での劇的なドローから一週間。これからのHOME連戦は勝利がどうしても欲しい。そんな思いの中で行われたフクアリでのROASSO戦はかつてJEFに所属していた安に恩返し的な先制ゴールを叩きこまれたものの,前半のうちにセットプレーから増嶋が同点ゴールを叩きこみ,後半開始直後にラリベイが相手に当てながらもゴールに流し込んで逆転。そして終了間際に途中出場のサリーナスが来日初ゴールを決めて,3-1で勝利!近藤直也のキャプテン交代をネガティブに感じさせない結果となった。

 ゴールを決めた3人も素晴らしいが,今日は何と言っても船山に尽きる。トップ下で先発しながらディフェンスに顔を出すなど,ボランチの位置でもプレーしていたような感じで,まさに二人分の役を担っていたようだった。ゴールに絡むプレーは少なかったが,獅子奮迅とはまさにこのこと。也真人が長期離脱の今,彼にかかる期待は大きい。

 試合後,巻と安がJEFサポーターに挨拶に来てくれた。そんなに近くまで…とはさすがに思うが,これが彼らなりの礼儀なのだろう。巻には恩返しゴールを喰らっていない(これからも喰らう気はない)が,JEF以外のチームには頑張ってほしい。

|

« 殴り合いは劇的な引き分け | トップページ | 終了寸前で勝ち点2が零れる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27883/66766202

この記事へのトラックバック一覧です: 船山獅子奮迅:

« 殴り合いは劇的な引き分け | トップページ | 終了寸前で勝ち点2が零れる »