« 2018年5月 | トップページ

2018/06/17

勝つには勝ったが消化不良



 前節のMontedio戦を落として迎えたフクアリでのEHIME FC戦はボールがなかなか回らない展開だったものの,セットプレーからの高木のゴールで先制。後半,勇人から旭にチェンジすると見違えったようにボールが回りだし,指宿とラリベイのコンビプレーからラリベイがゴールゲット!2-0としてそのまま終わらせるかに見えたが,ロスタイムになぜか真ん中をぽっかりと空けてしまい,ミドルシュートを打たれて一点差に。最後は相手GKの岡本まで上がってくるCKを与えてしまったが,何とか抑えて2-1で3試合ぶりの勝利。勝つには勝ったが,消化不良のゲームとなった。

 もうシーズンも折り返しまであと2試合。ディフェンス時の寄せの無さは気になるが,もう付き合っていくしかない。今はそんな心境。そしてこの後,AWAY連戦。どれだけの結果が残せるかで後半戦にもつながっていくだろう。

続きを読む "勝つには勝ったが消化不良"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/03

終了寸前で勝ち点2が零れる



 ホーム連勝で勝ち数と負け数を五分にするという気持ちで臨んだフクアリでのRENOFA戦はリードしたまま突入したロスタイムに痛恨の失点をして2-2のドロー。非常に悔しい結果となった。しかしながら,互いにイケイケでシュートを打ちまくるスタイルであったため,今季一番の面白いゲームであった。それだけに追いつかれてのドローは残念だ。

 指宿の先制点の流れ,2点目の執念は今後につながるかもしれない。後半のラリベイ,増嶋のシュートは藤島を始めとする相手のDFの執念が勝ったが,この流れも見事だった。また,後半の船山の煽りには正直驚いた。チームとしてはいい方向に向かっているのかもしれない。あとは結果だけだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ