« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018/07/25

姉崎のマラドーナ,8年ぶりの帰還



 ホーム連敗のあと,AWAYでのKamatamare戦も敗戦し3連敗という重苦しい雰囲気で迎えたフクアリでのVentforet戦はアンラッキーなゴールで先制されたものの,前半のうちに茶島のミドルで振り出しに戻し,後半に途中投入された為田が『らしくない』ヘディングでの折り返しがゴールに吸い込まれて2-1の逆転勝ち。4試合ぶりの勝利を手に入れただけでなく,ハイプレスハイラインを復活して90分間アグレッシブに戦う姿勢を見せた中での勝利だった。

 そしてこれまで停滞していた感のあるチームの動きに新たなスパイスとなった工藤浩平。8年前まで臨海,そして初期のフクアリでのプレーぶりにさらに磨きがかかった状態で戻って来てくれた。これまで船山が苦労して担っていた部分をそのまま引き継いだようなプレーには今後,チームにとってもさらなる活力となるだろう。これぞ補強,そして姉崎のマラドーナ,8年ぶりフクアリ帰還であった。

 もっとも,今日のところは相手の最後の部分での決定力に助けられた面もある。ここから先,気の抜けない相手が続くが,まずはAWAYでのAlbirex戦で勝ち点3を何とかもぎ取ってほしい。

続きを読む "姉崎のマラドーナ,8年ぶりの帰還"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/17

後手を踏みまくって最後は自滅



 あまりに無様な結果に何も書く気が起きませんでした。黒ユニのユニティで癒されてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/08

チーム作りが中途半端だったことを露呈

1531014421980.jpg

 後半戦最初のArdija戦は幸先よく先制したものの,徐々に相手がJEFのサッカーに慣れてきたのちに追いつかれ,後半は全く同じ形で2点を奪われて1-3で敗戦。結果も内容も残念過ぎる結果となった。ハイラインハイプレスが特徴的だったサッカーも今や昔。コントロールできる選手も不在。DFの守備の弱さは相変わらず。もはやチーム作りが中途半端だったことを露呈してしまった。そしてこの時期に10敗はもはや厳しい。良い所も語りたいが,『前半10分まで』という一言で終わってしまうのが悲しい。

 というわけでオトコ前のJEFFYで癒されてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »